人気記事をピックアップ!

  • 骨盤矯正 バンド 巻き方
    骨盤矯正のバンドの巻き方を間違うと逆効果って知ってますか?

    骨盤を矯正する為のグッズにはクッションや座布団など色々とありますが 骨盤矯正のバンドというものもありますね。 一般的には骨盤ベルトとして知られていますが、ベルトを巻くだけで 骨盤の歪みを正しい位置に矯正することができる他 […]

  • お彼岸 料理
    お彼岸の料理で食べるものは?肉がNGなのはなぜ?精進料理とは?

    お彼岸の時期に食べる料理って何だか分かりますか? 「おはぎ!」それだけ・・・? 「彼岸そば」や「お彼岸うどん」に「天麩羅」なんかもそうですね。 これらお彼岸に食べるには意味があるんですよ! また、お彼岸料理といえば「精進 […]

  • Tシャツの脇の黄ばみを落とす2つの裏ワザ!黄ばみの原因は体質?!

    気持ちよくTシャツを干していると・・・ あれ!!脇のところ黄ばんでいる!! これってすごく恥ずかしいですよね。。。 脇が黄ばんでいるとすごく不潔にしている感じがしますし、 そもそもそんな脇から何か出てるの?!ってなっちゃ […]

  • 新玉ねぎ 栄養
    新玉ねぎは水にさらすと栄養が流れる?辛味抜きの方法は?

    玉ねぎを生で食べるときには、水にさらして辛みを取るのが一般的ですよね。 新玉ねぎはそのままでも辛みが少ないですが、ものによっては ちょっと水にさらしたくなるものもあります。 でもこの方法って栄養が逃げてしまうとも聞きます […]

  • 炭酸水 料理 効果
    炭酸水を料理に活用する方法とは?どんな効果があるの?

    炭酸水といえばコーラやサイダーなどの甘い炭酸飲料というイメージが多いですね。 最近では甘みのない天然水の炭酸水などの種類も多く、スーパーなどで 見かけるようになってきましたね。 外国では以前から食事の時に炭酸水を飲む習慣 […]

  • 背中 ムダ毛 処理方法
    背中のムダ毛の処理の奮闘記とおすすめNO1は脱毛サロン!

    私はムダ毛が濃いほうなので毛に関しての悩みは思春期の頃から抱えていました。 中学生の頃の水泳の授業など嫌で嫌で仕方がなかったを思い出します。 学生の頃はお金がなく、サロンの脱毛なんて通えなかったので色々駆使して 背中の毛 […]

  • 結婚式 受付
    結婚式の受付はどんな人が適役?選び方と頼み方と謝礼は必要?

    結婚式の受付をお願いする人の選び方 一般的に結婚式の受付をお願いするのは友人です。 間違っても目上の方にお願いしてはいけません。 学生時代の先輩など、気心が知れている関係であれば構わない場合もあります。 相手の都合を考慮 […]

  • お彼岸 春 秋 違い
    お彼岸の春と秋の違いは何?おはぎ・ぼたもちのお供えの違いとは?

    お彼岸は年2回春と秋にありますよね。 ふと、「あれ?これって何か違いがあるの??」と 思ったことありませんか? 春も秋もまったく同じように行なって良いのでしょうか? 2回あると言うことはそれぞれ違いがあるって事でしょうか […]

  • トマトの育て方
    家庭菜園でトマトを育てよう♪育て方の3つのポイントと失敗例!

    家庭菜園って野菜がいつでも新鮮な時に使えるのがいいですよね。 そんな中であったらいいなぁと思う野菜の一つはトマトです! トマトってちょっとしたときに使いたいけどストックすると すぐに熟しちゃう・・・ それならベランダで採 […]

  • 入浴 睡眠 効果
    入浴による睡眠の効果とは?

    入浴が睡眠を促すことは皆さんご存知だと思います。お風呂から上がった後は、 サッパリと爽快感だけでなくゆったりとした気分になり、眠気を誘いますね。 眠気は、各個人が持つ体内時計によってコントロールされています。 1日の体温 […]

  • 美肌 化粧水 作り方
    美肌成分の詰まった米ぬか化粧水の作り方

    キメ細かで艶やかな透明感ある美肌を作り出したいなら、日本独自の産物である 米ぬかを使った化粧水は見逃してはいけません。 しかも美肌成分が盛り沢山の米ぬか化粧水は、保湿には絶対欠かせないセラミドや、 メラニン生成を食い止め […]

  • キッチンの排水溝がつまった!自力で解消する3つの簡単な方法とは?

    キッチンの排水溝がつまった!どうしよう?! これってかなり緊急な悩みですよね。 排水溝がつまるとキッチンが使えないうえに、上の階に住んでいる場合 下にまで水が漏れてしまうということもありえます。 これは早急につまりを解消 […]

  • 美肌を促進する運動の方法と食事とは?

    美肌を作るターンオーバー 人間の肌は、常に新しい表皮細胞とのターンオーバーを繰り返しながら、 ベストな調子を維持しようとしています。 一般的に美肌のターンオーバー期間は約28日と言われており、 順調に一定のサイクルを保つ […]

  • ピラティスで背骨のゆがみは改善できる?

    ピラティスは、運動不足で劣った筋肉を鍛えてしなやかにし、身体の支点を 真っ直ぐに整える事で、背骨のゆがみも改善してくれます。 実はピラティスで主にとるポーズの殆どが、背骨や腹筋、骨盤全体を支える 身体の芯の筋肉を強化する […]

  • ヘアケア 豆知識
    美髪になれるヘアケアの豆知識

    普段のヘアケアで是非豆知識として抑えておきたいのが、美髪になるカギは いかに髪のキューティクルをベストな状態に保つか?!という事です。 キューティクルは、人間のお肌と同様に外的刺激から髪内部を防護する役割があります。 ま […]

  • ピラティス ボール おすすめ
    ピラティスのボールでおすすめの大きさと使い方

    ピラティスのボールでおすすめの大きさって? ピラティスで使うボールは、数々のアスリートがトレーニングでも使用している バランスボールとも呼ばれています。 初心者におすすめのボールサイズの選び方ですが、基本的に自分の身長に […]

  • エアコン 掃除 自分
    エアコンの掃除を自分でする簡単なやり方

    自分でエアコン掃除をするとき、プロみたいに分解して 全部キレイにすることは出来ませんよね。 でも、ここだけはキレイにしておきたい、というポイントがいくつかあります。 それは「フィルター」「冷却フィン」「吹き出し口」の3点 […]

  • デトックス 方法 簡単
    自宅でデトックスする方法!誰でも簡単にできる傘サウナ

    サウナや岩盤浴に行きたいけどそんな時間なんて全然ないあなた! デトックスしたいけど出来れば無駄な出費を減らしたいあなた! そんな方におすすめの手軽に家でデトックスしたい方は必見!! 簡単に今あるもので0円で自宅サウナがで […]

  • 入浴剤 手作り
    入浴剤を手作りしよう♪お風呂でできる簡単デトックス!

    入浴するという行為には、身体を内側から温める効果以外にも、水圧で身体に 刺激を与えて老廃物をデドックスする作用もあります。 そして入浴剤を浴槽に投入する事で、バスボムに含有されているクエン酸と重曹が 相乗効果を生み出し、 […]

  • 機内 足のむくみ 解消
    機内で足のむくみを解消する予防対策!

    普段からも足のむくみが気になる女性にとって、機内で一番頭を抱えやすい 不快な症状として第一に挙げられるのが足のむくみですね。 飛行機から降りたら決まって足が浮腫んでパンパンになっていますよね。 特に国際線での長時間のフラ […]

赤ちゃんの深爪の治し方♪上手に爪を切る5つのポイントとは?

赤ちゃんがいるお母さん達なら気になったことがある子供の「深爪」

危ないからと思って切っていたら深爪になってしまった、
深爪にならないようにしていたのに他の家族が切って深爪になってしまった、

理由は様々ですが、一番気になるのは・・・

「これって治るの?」

まだ小さい赤ちゃんの深爪がこのまま治らなかったら・・・
と不安になりますよね。

赤ちゃんの深爪ってどうしたら治るのでしょうか?

でも大丈夫ですよ!成長段階の赤ちゃんは新陳代謝が良いので
大人に比べて深爪も治りやすいんです。

ではデリケートな赤ちゃんの爪のケアを見てみましょう。
 

赤ちゃんの深爪のケアと処置のやり方!

赤ちゃんの深爪は数ヶ月すれば自然に治ってきます。
でもその間、化膿してしまったり刺激してしまったりすると
治るのが遅くなることも!

完全に治すには体の自己治癒力を待つしかありませんが、
綺麗に治るようにケアをすることが大切です!

①出血している場合は止血・消毒

赤ちゃんは外傷にとっても敏感!
それに指先は毛細血管が詰まっているので
よく見ると出血していることがあります。

慌てずにしっかり止血してから消毒しましょう。

これを怠って細菌が入ってしまうと新しい爪が
変形してしまう事もあります。

②清潔に保つ

露出してしまっている指先はとってもデリケート。
しかもよく動かす場所なのでぶつけて
また出血してしまうこともあります。

こまめに消毒をして清潔にしておきましょう。
絆創膏はかぶれてしまうので避けた方が◎
ワセリンなどで潤いを与えるといいですよ。

清潔なガーゼを軽くまいて衝撃が当たらないように
するのもおすすめです。

③化膿がひどければ病院へ

消毒、清潔にしているのに化膿を繰り返すようだと
皮膚科を受診しましょう。

化膿したままでいると爪が映えてきたときに
変形してしまいます。
 

 

赤ちゃんの爪の切り方の5つのポイント

赤ちゃんの爪はとてもデリケートなので極端に長くならなければ、
あまり切らなくても大丈夫なんです。

深爪になってしまった場合はなおさらです。
爪が伸びるまでは、何もせずにしておきましょう。

次に切らなければいけないくらい伸びてしまったときに、
深爪が治るような切り方にすればOKです。

では上手に切るポイントを見てみましょう!

POINT①「赤ちゃん用の爪切りを使う」
赤ちゃんの爪はとても柔らかいので、大人用の爪切りのような
切れ味は必要ありません。

それよりも優しく切れることが大切。

必ず赤ちゃん用の爪切りを使いましょう。
小さいのでヤスリで削るだけでも大丈夫なこともありますよ。
赤ちゃん用の爪切りグッズをチェックするならコチラ>>

POINT②「お風呂上がりには切らない」
ただでさえ柔らかい赤ちゃんの爪。お風呂上がりはもっと
ふにゃふにゃになっているので切りすぎてしまいます。

また指にも傷が付きやすいので、お風呂上がりに切るのは
絶対に避けましょう。

POINT③「赤ちゃんが動かないときに切る」
じっとしていてね!!と言っても分からないのが赤ちゃん。
しかもおとなしくしているから大丈夫と思っても、突然手足を
ばたつかせることがよくありますよね。

おすすめは熟睡しているときです。赤ちゃんって熟睡しているときは
おもしろいくらいに何をしてもおとなしいですよね。

また寝ていてリラックスしているときは、手の力が抜けているので
爪が切りやすいんです。

POINT④「爪は角から切る」
赤ちゃんの爪を切るのは引っ掻いて傷をつけてしまうのを避けるため。

大事なのは角をなくすことです。

先に長さを整えてから角を落とそうとすると、深く切ってしまいがち
なので、最初に角を落として丸みを付けてから長さを調整しましょう。

POINT⑤「白い部分を残して切る」
深爪を治すために一番大切なポイントです。
伸びて白くなっている部分を1mm程残して切るようにしましょう。

見た感じは長い気がしますが、赤ちゃんにとって白い部分が
なくなるほど切ってしまうのは深爪の原因です。

上手に切り口を調整するちょっとしたポイントは、
自分が爪を切るのと同じ向きで切ることです。

そもそも人の爪を切ってあげる事って普段ほとんど無いですよね。
向かい合って爪を切るって難しいんです。

思ったより切っちゃった・・・ってなることも^^;

そうならないように赤ちゃんを後ろから抱っこするような体勢で切ると、
いつも自分が切っているのと同じ向きで切れるので上手に出来ますよ。

これ、けっこう重要なコツだったりします^^
 

これを失敗しちゃったら赤ちゃんが深爪になっちゃう・・・とあまり思いつめてやると、
緊張で上手に出来る物もできなくなってしまいます。

新陳代謝が良いので大丈夫!というくらいの気持ちでリラックスして臨んでくださいね♪