お彼岸の春と秋の違いは何?おはぎ・ぼたもちのお供えの違いとは?

お彼岸は年2回春と秋にありますよね。

ふと、「あれ?これって何か違いがあるの??」と
思ったことありませんか?

春も秋もまったく同じように行なって良いのでしょうか?
2回あると言うことはそれぞれ違いがあるって事でしょうか?

お彼岸にお供えする「おはぎ」と「ぼたもち」に違いがありますが、
これは春・秋それぞれのその季節に咲く花が関係しています。

お彼岸のこと実はよく知らない・・・そんなあなたのために、
今回は春と秋のお彼岸について解説しましょう!
 

お彼岸にお供えする「おはぎ」と「ぼたもち」の違いって?

春のお彼岸と秋のお彼岸にお供えする「おはぎ」と「ぼたもち」の
違いが何なのか?なぜ春と秋とで違うのか?

そんな疑問を調べてみました!

違いは、春は「ぼたもち」を供えて、秋は「おはぎ」を供えるのです。

では、なぜ秋のお彼岸に「おはぎ」を、春のお彼岸に「ぼたもち」を
お供えするのでしょうか?

ぼたもちは漢字で書くと「牡丹餅」と春の花「牡丹」を表し、
おはぎは漢字で書くと「お萩」と秋の花「萩」を表しています。

それぞれその季節の花を表して春と秋でお供えを使い分けているのですね。

あれ?でも春も秋も同じような和菓子を供えているんじゃ・・・

そう、「ぼたもち」と「おはぎ」って見た目はあまり変わらないので
どういう違いがあるのかはよく分からないのです!

実のところこの「ぼたもち」と「おはぎ」の違いって調べてみると
色々と諸説があり地域によってもバラバラなのです^^;

例えば・・・

・きなこで包んだ物が「おはぎ」
・小豆餡で包んだ物が「ぼたもち」

・お米のつぶつぶが残っているのが「おはぎ」
・完全に餅の状態になっているのが「ほたもち」

などなど・・・。

しかもこれ、どっちがどっちかは地域によって逆のこともあるとか・・・。

きっとこれを読んでいても「あーそうそう!!」と思う方と
「えっ・・・逆よね?」と思う方がいるんじゃないでしょうか?

つまりははっきりとした定義はないということですよね。

でもこれら諸説の中でも一番分かりやすいのは
・つぶあんが「おはぎ」
・こしあんが「ぼたもち」

というものです。でもこれにはちゃんとした理由があるのです。

秋にとれる小豆はつぶあんにしても豆がまだ柔らかいので
豆を残した“つぶあん”にします。

・秋の小豆は柔らかい→ つぶあん→ 秋は「萩」→「おはぎ」

春には柔らかかった小豆が硬くなってしまうので、
しっかりこして“こしあん”にします。

・春の小豆は硬い→ こしあん→ 春は「牡丹」→「ぼたもち」

という理由からです。これは一番納得いく理由ですよね。
「なるほど!」と思ったのではないでしょうか?
 



スポンサードリンク

 

春のお彼岸におすすめのお供え物って何?

ではそれぞれのお彼岸でお供え物は変わるのでしょうか?

一言で言うと、大きな違いはありません。
基本的にお供え物は個人が生前、好きだったものを供えるものです。

地域や家のしきたりを考慮した上で春には春らしい物、秋には秋らしい物と
季節を取り入れると気の利いたすてきな供えものを選べます。

では春は何をお供えするのが良いのでしょうか?

お菓子類であればもちろん「ぼた餅」ですね。
他には桜餅や苺大福も春らしいです。

花であれば春の花を供えましょう。
例えば春はカーネーション・アイリス・きんせんかなどです。
色で選ぶなら白をベースとした淡い色味がオススメです。

それでも春のお花って??
と迷ったらお花屋さんに行ってみましょう!

今はいつでも色々な季節のお花を買うことができますが
お花屋さんでは旬の季節の花を一番前面に置いてありますよ。
 

秋のお彼岸におすすめのお供え物って何?

では、秋のお彼岸には何を供えるのが良いのでしょうか?

もちろんお菓子は「おはぎ」ですね。
他には栗や芋を使ったものが秋らしくてオススメです。

昔は砂糖を使ったもの、甘いものは高級品でした。
そのためお供え物には甘いものが選ばれるようになったのです。
干し芋も高級品として供えられることが多かったようですよ。

お花は秋らしく菊やリンドウ・トルコキキョウなどがいいでしょう。

では、彼岸の時期に咲く「彼岸花」
これはお供えとしてもどうなんでしょうか?

彼岸花は根に毒があるのを利用して、お墓の周りに植えて
動物が墓を荒らすのを防いだり虫除けの役割を果たしていました。

また、白・赤の彼岸花の花言葉は「再開」「会う日を楽しみにする」です。

季節といい名前といい、お彼岸に供えるのに適しているように思えます。

しかし毒があるものを仏前に供えるのはいかがなものか・・・
という意見からNGとする人も多いのも事実です。

賛否両論、意見が分かれるところなので、彼岸花をお供えとして
選ぶかどうかはその土地や親族に合わせるようにしましょう。
 

こうしてみると春のお彼岸と秋のお彼岸、ほとんど違いはありません。
しかしお供え物は季節によって変わってきます。

友人に花やお菓子を持って行くときって旬のものを選びますよね。
お供え物も同じということですね。
 



スポンサードリンク

コメントを残す