紫外線対策に効果のあるサングラスの選び方!

紫外線対策にはマストのサングラス!でもただ日差しが眩しいからといって
かけるオシャレサングラスでは本当の紫外線対策にはならないですよね。

実際に紫外線対策に効果のあるサングラスとはどのようなものなのでしょうか。

・最近よく耳にする「紫外線透過率」ってどおいうこと?
・色は濃い方がいいのか、はたまた薄い方がいいのか?
・透明のサングラスってどうなの?

そんな紫外線対策のサングラスを選ぶ時のポイントや選び方をご紹介します。
 

紫外線対策のサングラスの選び方!チェックするポイントは?

UV対策用のサングラスが欲しいけど、デザイン以外に何を基準に選べばいいのか
よく分からなくてけっこう迷ってしまいますよね^^;

紫外線対策のサングラスを選ぶときに見るポイントを解説しますね。

サングラスを見ていると「UVカット」やら「紫外線透過率」やら
色々な表示がありますよね。

いったいどの表示をポイントにすればいいのでしょうか?

まずは「UV」の表示についてみてみましょう。

紫外線はそのエネルギーによってUVA、UVB、UVCと分類されています。
UVCは大気を通過できない程度のレベルなので気にしなくてOKですが、
UVAとUVBが防ぐべき紫外線と言うことですね。

「UVカット」「UVケア」の表示はUVBまでしかカットできなかったり、
カットできるエネルギーに制限があったりします。

最近のサングラスはどれもUVカットとかいてありますが、これは最低限の
条件を満たしているに過ぎないと言うことですね。

それがカット率99%であっても、UVBまでの紫外線を99%カットしている
ということになります。

しかし「UV400」と表示があれば最大のエネルギーUVAまでカットできる
ということなんです。

それであればより高いレベルの紫外線をカバーできる
UV400のほうがいいですよね♪

また「紫外線透過率」というのは紫外線を通す割合のことです。
つまり数値が低いほど優れているということになります。

大抵は紫外線透過率1.0%以下ですが、ちゃんと表示があるか
チェックしておきましょう。
 

スポンサードリンク



 

紫外線対策サングラスの色は濃いのと薄いのどちらが良いの?

サングラスは濃い色の方が光を押さえるから効果的な感じがしますよね。
でもちょっと待って下さい。紫外線って目には見えないものですよね。

薄い色でもUV効果が高い物だったら、ちゃんと効果があるんです!
色の濃さはむしろ眩しさを抑えるかどうかという効果の違いだけです。

だったらどちらでもいいの?と思うかもしれませんが、紫外線を抑える
という意味では薄めの色の方がおすすめです。

「ええっ~!薄い色の方が効果があるの~!どうして~??」
って声が聞こえてきそうですね^^;

というのも濃い色のサングラスは当たり前ですが視界が暗くなりますよね。
そうすると、より光を取り込もうとして瞳孔が大きく開くのです。

瞳孔が開いた状態は目に有害な物質は入りやすい状態、つまり紫外線を抑える
どころかより紫外線が入りやすくなってしまう、という訳なんです。

なので、最悪なパターンはUV効果が全く無い濃い色のサングラスです^^;

紫外線は通すわ、目へのダメージも大きいわで、サングラスをかけることで
紫外線対策の逆効果になってしまいます。

いわゆる「ファッショングラス」だとそうなる可能性が高いので
きちんとチェックしましょう。

またUV効果があっても横から光が入る形状だと、それもまた紫外線の
ダメージを受けやすくなってしまいますね。

ということで色は「薄め」がおすすめです。

専門店などでは「可視光線透過率」というどれだけ光を通すか?
という割合が表示されています。

100%は透明、0に近いほど濃くなるということですね。
サングラスの濃さを選ぶときはこれを参考にするのもいいですよ。

最近では「メラニンサングラス」が人気ですよ。

 
人工メラニンを特殊な技術で配合したレンズで紫外線やブルー光線を
カットするので紫外線をほぼ100%カットできる画期的なサングラスです。
メラニンサングラスをチェックするならコチラ>>
 

サングラスに抵抗がある人のおすすめの選び方は?

海外セレブはさっとサングラスを掛けていますが、なかなか初めての
サングラスは勇気がいりますよね^^;

そんなサングラスに抵抗がある人はどんなものがいいでしょうか?

初心者さんはブラウン系
ブラウンは肌馴染みが良く馴染みやすいので、初めてサングラスに
挑戦するならおすすめの色です。
視界の暗さが嫌ならグリーン系
見た目と言うよりも視界が変わるのが嫌ならグリーン系です。
すべての色を平均的に抑えるので自然な視界が保たれます。
サングラス感を出せないなら透明レンズ
眩しさをふせぐ効果はありませんが、UVカット率が高ければ
透明でも紫外線対策に影響はありません。

むしろその方が瞳孔も開くことがないので良いですよね^^

伊達メガネのように誰でも気兼ねなく付けられます。
お仕事などでどうしてもサングラスができない!と言う人だけでなく、
メガネユーザーなのでサングラスは無理!という人にもおすすめ。

UVカット率の高いレンズでメガネをつくれば常に紫外線ケアができますよ。

どうでしょうか?紫外線対策に効果のあるサングラス選びのポイントが
もう分かったと思います^^

あとは自分に似合うデザインを見つければOKですね♪

自分に似合うサングラスを見つけるコツは・・・色々試してみることです!
肌の色味で似合う色も変わってきますし、思ってもいない形が似合う
ことだってあり得ます。ぜひお気に入りの一つを見つけてくださいね^^
 

スポンサードリンク



コメントを残す