スナップエンドウの栄養素は?下処理の仕方と基本の調理法

スナップエンドウに含まれている栄養素は?

スナップエンドウは、ビタミンCやカロテン、カルシウムなどを多く含んでいます。
ビタミンCと言えば、シミやそばかすを予防するのにも役立ち
美白効果やアンチエイジング作用があることで有名ですね。

他にもビタミンCは免疫力を高めるので、風邪の予防など
体の抵抗力を付けてくれるのにも役立っている栄養素です。

スナップエンドウ

カルシウムは骨の成長に欠かせない栄養素なので、育ち盛りのお子様や
骨がもろくなってくる閉経後の女性や高齢者の方には積極的に摂取して
いただきたい栄養素です。

カロリーは100gあたり43キロカロリーなので、野菜の中では少し高めかな?
という気がします。甘くて食べやすい野菜なので、このくらいカロリーが
あるのもなんとなく分かる気もしますね。

甘いのでお子様にも人気のある野菜なので、お料理にも積極的に取り入れて
スナップエンドウに含まれている栄養素をどんどん取り入れたいですね。

スナップエンドウのビタミンCをなるべく減らさずに食べるためには、
さっと茹でるということがポイントです。
カロテンは油との摂取で吸収率がUPしますから炒め物にすると効率よく
栄養素を吸収することができますよ。

スポンサードリンク

 

スナップエンドウを上手に下処理する方法

スナップえんどうを美味しく食べる為には下ごしらえはとても大切になってきます。

スナップエンドウの下処理は、ヘタをとって筋を取り除くということになりますが、
なかなかキレイにできないという人もいるのではないでしょうか?

筋が上手に取れていると、食感がより良くなりますので、面倒ですが
頑張って下処理してくださいね。

まずスナップエンドウはヘタを取る前に軽く水で洗って
傷や汚れが気になる部分は取り除いておきましょう。

スナップエンドウの筋は腹と背とどちら側を取り除けばいいのか?
とお悩みの方も多いですが、筋は両側を取りましょう。

筋を取り除くポイントとしては、ヘタを少しだけ折って、そのまま下方向へ
そっと引っ張るようにすれば自然に筋がついてきてくれます。

包丁でヘタの部分を切るようにしながら引っ張ってもカンタンに筋が取れますし
ヘタの部分に爪楊枝をプスッと刺してから上に引っ張れば、筋が上に持ち上げられて
簡単に筋を取ることができますよ。

動画サイトなどで紹介されていますので参考にしてみるのもいいですね。

 

スナップエンドウを美味しく調理するには?

調理の前の下茹では、塩をひとつまみ入れた沸騰したお湯の中に
スナップえんどうを入れておよそ2分~3分ゆで、ざるにあげて流水にさらします。

長時間さらすと栄養分も出てしまいますので注意してください。

ゆですぎると柔らかくなりすぎて、中の豆が出てくることがあります。
逆に硬すぎるとあまりおいしくありません。それぞれ好みもあると思いますが、
だいたい2分半くらいを目安にすると良いでしょう。

炒め物にする場合や煮物に入れる場合は下茹での必要がないので、
そのままお鍋やフライパンに入れます。

煮物の場合は、スナップえんどうの食感を活かすために、最後に加えます。
煮込みすぎるときれいな緑色がくすんでしまいますのでもったいないので
煮物の際は、必ず最後に加え料理に彩りを添えてください。

旬のスナップエンドウの下処理と基本の調理法をご紹介しました。
栄養素も豊富なのでぜひ色々な料理に使ってみて下さいね。
 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

梅酢で美味しく作る料理レシピとドレッシング!健康ドリンクの作り方
新じゃがの簡単だけど美味しくできちゃう人気レシピ♪
新じゃがは皮ごとでも食べられる?農薬や毒は大丈夫なの?
桜えびを使った定番だけど簡単にできて絶品の人気レシピ♪
スナップエンドウを美味しく食べるレシピ!旬を食す家庭菜園の育て方
春キャベツが美味しくなる切り方と千切りのコツと千切り絶品レシピ♪
たけのこのあく抜きと茹で方!簡単なのに美味しい人気レシピ♪
春キャベツの簡単パスタ♪アンチョビ・和風・クリームの絶品レシピ!
新玉ねぎを生で美味しく食べれる人気のサラダレシピ!
春キャベツの旬はいつ?普通のキャベツとの違いって?
新じゃがの旬はいつ?普通の男爵やメークインとの違いって?
春キャベツは丸ごと使うのが美味しい!簡単だけど絶品の人気レシピ♪
新生姜の旬と選び方!酢漬けの下処理の仕方と甘酢レシピ♪
新玉ねぎの旬はいつ?普通の玉ねぎとの違いって?
ホタルイカの下処理とボイルの方法と簡単なのに絶品な人気レシピ♪

Menu

HOME

TOP

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.