良い睡眠が得れる部屋の温度と明るさとは?

毎日快適で満足な時間の睡眠を手に入れるためには、より良い部屋の温度と
明るさが伴った寝室環境作りに気を配らないといけません。

睡眠

特に部屋の照明は人によってはデリケートな問題で、
明るすぎても暗すぎても、睡眠に集中できない要因にもなります。

また部屋の室温を適度にコントロールするのも重要で、自分の体温にとって
暑すぎても冷えすぎても、安眠の妨げになってしまいます。

人間が良い睡眠するのに最も適した部屋の明るさは、基本的に20~30ルクスが
推奨されており、全く物が見えない暗さではなく、うっすらと人影が見える程度と
言われています。

しかし中には、昔から豆電球や間接照明をつけて睡眠している人や、
完全に照明を落として真っ暗な空間で寝るのが好きという人もいると思います。

それはそれで構わず、結局は自分が一番ストレスに感じない
照明度合いで寝れれば良いのです。

ただ快眠を手に入れたいなら、是非部屋自体の照明は落として、
ベッドや鏡台の傍に置けるルームスタンドがあれば
細かく照明調整ができてお勧めです。

そして良質の睡眠を促すのに大変理想的な室温は
夏は25度前後、冬は15~20度が妥当で、湿度は
オールシーズン50%前後をキープするのが一番良いです。

ただ、暑い夏や寒い冬は我慢できずにエアコンで止むなく
室温調整する人もいると思います。

その場合は冷房はなるべく25~28度、暖房は18~22度程度を目安に留め、
空気の乾燥が心配なら加湿器で適度に調整しましょう。

そして部屋のインテリアにも多少気に掛け、いつでも落ち着いて安眠できる
雰囲気を作りたいなら、温かい味わいのあるベージュやブラウンといった
淡い色味で統一すると効果的です。

良い睡眠を得るには、自分に心地よい部屋の温度と明るさに加え、
部屋内部のデザインの色味も工夫してみましょう。
 



スポンサードリンク

コメントを残す