梅雨時期の頭痛の原因と対処法

梅雨時期の頭痛の原因って?

“お天気病”ってご存知ですか?四季を通して、このお天気病を持っている人は、
頭痛や関節痛に悩まされています。

梅雨 頭痛

簡単にいうと、「気圧の関係」で、頭痛や関節痛が起こるのです。

正式な病名は、「気象病」というらしく、最近になって、
ようやく認知され始めてきました。

とにかく、気圧が大きく上がったり下がったりすると、この症状が現れるのです。
季節の変わり目に、おじいちゃんやおばあちゃんが、「ああ、ヒザが痛い」と
言っているそれではないでしょうか。

梅雨の時期なんて、特に気圧の上下が激しい頃、今日はどんより低気圧だったのに、
翌日は驚くほどの晴天で、身体はついていけません。

ダブル、トリプルパンチで身体が辛くなる、地獄の時期です。

 
ではなぜ気圧の変化で、こんなに体調が悪くなるのでしょうか?

原因は、自律神経の乱れなのです。たとえば、急に気温が上がったり、
逆に急に低気圧で雨と湿気だらけの1日があったとします。

わたしたちの脳は、一生懸命、その状況に対応しようとするのです。
だけどそれ以上に、気圧の強大な力が・・・!!

脳は一生懸命働く為に、心臓が血管をひろげて、血液をたくさん送り出します。

それがかえって逆効果となり、脳がオーバードライブしてしまう・・・
そうなると、自律神経がコントロール不可になってしまう・・・

そんな表現が一番しっくりくるでしょう。

自律神経、というと「失調症」というワードが浮かびますよね。

女性に特に多い、お天気病ですが、これは、自律神経の乱れから、
更に女性ホルモンが崩れ、より症状が酷くなるんです。

頭痛だけでなく、吐き気や鬱のような状態にもなりがちです。

 

梅雨の季節の頭痛の対処法

梅雨の時期はこの症状が非常に起こりやすいのです。

「気圧は自力じゃ変えられないのだからどうしたらいいの!」と、
人間の無力さを嘆く前に、ぜひおすすめしたいのが、
ホルモンバランスの調整と血行促進の改善です。

とても難しいことのように聞こえますが、簡単です。
「ビタミンE」を摂取しましょう。

ただこれだけです。もちろん、サプリメントとしても、インターネット、
ドラッグストアなどで販売しています。食事で摂取するという方法もよいですね。

ちなみに、ビタミンE含有率ナンバー1は、アンコウの肝だとか・・・。

魚介類や肉類にも含まれてはいますが、カロリーのことを気にしている方は、
植物系ビタミンEを摂取するのが一番ですね。

栄養バランス、ホルモンバランスを整えて、梅雨の時期に備えましょう!

スポンサードリンク