お盆に落雁を供える意味とは?美味しい食べ方・おすすめブランドは?

お盆のお供え物は、故人の好きだったお菓子や果物、飲み物などをお供えしますよね。

そして定番のお供え用のお菓子に“落雁(らくがん)”があります。
花や果物の形をしたきれいな和菓子ですね。

この落雁ですが、どんな意味があってお供えしているるのでしょうか?

またお供え終わった落雁は美味しくないから捨てちゃう・・・という声も聞きますが、
せっかくお供えしたお菓子、捨ててしまうのはもったいないですよね。

ちょっと工夫すると御下がりとして美味しく頂けるんですよ♪

お盆を前に、落雁について知っておきましょう。
 

お盆に落雁をお供えするのはなぜ?どんな意味があるの?

お盆のお供えの一つの“落雁”は花や果物などの形をして見た目も楽しくて
日本の和菓子の美しさが際立っているお菓子ですよね。

どうしてお盆に“落雁”を供えるのでしょうか?

ただ単に綺麗だから、というわけではないんです。

落雁を供える意味は、お盆の由来にさかのぼります。
お盆の元である盂蘭盆会はある出来事からきていると言われています。

これは、釈迦の弟子である目連と言う人が、亡くなった母親が天上界へ
行っていると思い探していると、餓鬼道へ堕ちていることを知ります。

母親を助けるためにはどうしたらいいか釈迦に尋ねると、
「恵まれない人や修行僧に食べ物を、特に甘いものを施すように」と言われます。

言われたとおりにした目連は無事に母親を救い出すことができた・・・という話です。

その時の“甘い食べ物”が落雁を供える風習の由来なのです。

また落雁の形にもちゃんと意味があるんですよ!

果物の形の落雁は、当時甘いものには果物も含まれました。
でも夏場は果物は傷みやすいので、果物の形をした砂糖菓子を
代わりに用いるようになったのです。

そして落雁に多い蓮の花ですが、蓮は極楽浄土のを表す花なので
最上の供え物を意味しています。

落雁は見た目が綺麗なだけでなく、このようにちゃんと意味があるんですね。
 



スポンサードリンク

 

お盆の落雁は不味い?!美味しい食べ方って?

お盆にお供えする落雁は見た目は綺麗なんだけど味は美味しない・・・!!
多くの方が落雁に対して思っているイメージですよね。

お供えした後は、もったいないけど捨ててしまうという方が多いと思います。

しかし供え物というのは、仏さまの御下がりとして頂いた方が良いものなのです。
それに捨ててしまうのは少し罰当たりな気がするしもったいないですよね。

お盆が終わったら捨ててしまう落雁の美味しい食べ方ってあるのでしょうか?

まずはデパートなどのちゃんとしたお店で買う方法です。

落雁は本当は美味しく食べられるもので、デパートなどでそれなりものを
購入すればお茶菓子として美味しくいただくことができます。

本来お茶菓子として作られている落雁は、高級で美味しいお菓子なんですね。
和三盆を使用した落雁は上品で優しい味が人気です。

もちろんお値段も違いますが、せっかく用意して供えるものですので
後から食べることを前提として、予算を上げてでも捨てずに食べられる
美味しい落雁を購入するのも一つの方法ですね。

お供え用の落雁にそこまで予算をかけたくない、という場合は
どうしたらいいでしょうか?

スーパーで売っているお盆のお供え用の落雁でも捨てずに済むように
リメイクして使うことが出来ますよ♪

落雁は主に「米粉」「水あめ」「砂糖」でできています。
細かく砕けばこれらを材料とする料理に使うことができるのです。

ただ、お供え用の安い落雁には、コーンスターチを使っているものもあるので
砂糖としてお料理などに使うと、とろみが出るので注意して下さいね。

例えば、砕いた落雁をシュガートーストにして食べると美味しいですよ!

パンケーキやクッキーに混ぜて使ったりすると、普通の砂糖よりサクサク
とした仕上がりになりますので是非試してみて下さいね。

落雁リメイク☆シュガートースト☆の作り方
①落雁をおろしがねやミキサーなどで粉々にして落雁シュガーにする。

②食パンに、バターかマーガリンをたっぷり塗って、その上に
 粉々にした落雁シュガーをまぶす。

③トースターでこんがり焼けば出来あがり!

このようにそのまま食べるのではなく、砂糖のように使うと
意外とすぐに消費できちゃいますよ^^
 

お盆でお供えする落雁の3つのおすすめ人気ブランドはこれ!!

お盆のお供え物の落雁ですが、自宅のお供え用ならスーパーで売っている
安いものでもいいですが、お供えとして渡す場合はちゃんとした落雁がいいですよね。

普段は買うことがない落雁に有名なブランドなどあるのか?
なんて知らないですよね^^;

そこで、落雁の人気ブランドを調べてみましたので、参考にしてみて下さいね。

お茶菓子として確立されている落雁ですが、実は日本三銘菓も落雁なのです。
この三つは日本三銘菓として一度は押さえておきたいおすすめの落雁です。

・石川県【森八】の「長生殿」
・新潟県【越乃雪本舗大和屋】の「越乃雪」
・島根県【風流堂】の「山川」

これらは長い歴史を超えて多くの人に愛されている落雁ですので
お供えで贈る時にはこれらのブランドなら間違いないですよ!

他にも最近では様々なアレンジを加えた落雁が人気でおすすめです。

美味しく食べられる落雁でおすすめは、長野県【小布施堂】の「くりは奈」です。
栗きんとんで有名な小布施で生み出されたこの落雁は、栗の甘みがする
食べるための落雁です。

見た目で楽しむ落雁のおすすめは、京都【長久堂】の「花面(はなおもて)」です。
なんと本物の能面を元に作られた型を使用している様々な面の落雁です!

和菓子の老舗長久堂なので味ももちろんのこと、見た目も楽しめる
まさに京の和菓子らしい落雁です。
 

お盆にお供えする落雁について少しは参考になったでしょうか?

お盆期間中にただ供えるだけ!と安い落雁を準備するのは勿体無いですので
毎年各地の綺麗で美味しい落雁を取り寄せて楽しんでみるというのもいいですね^^
 



スポンサードリンク

コメントを残す