ひな祭りにぴったり!話題の寿司ケーキに挑戦しよう♪

ひな祭りと言えば、ちらし寿司ですよね。

錦糸卵にいくら、海老、桜でんぶなどなど・・・
テーブルに彩りを添えるお祝い事向けの一品ですね。

そんなちらし寿司を最近「寿司ケーキ」にするのが
流行っているのを知っていましたか?!

寿司ケーキ?!フルーツとかクリームがのっているお寿司ってこと?!

正直最初こう思いました^^;
でも違います、ケーキなのはそこじゃないんです。

ちらし寿司をケーキ風にデコレーションしちゃうってことなんです♪

ちょっとハードルが高そうに聞こえますが、実は初心者でも簡単に
挑戦できるのが寿司ケーキなんです。

初心者から上級テクニックまでかわいい寿司ケーキ作りのポイントを紹介します^^
 

酢飯をケーキのスポンジに見立てるポイント♪

デコレーションケーキのスポンジ部分が酢飯部分になります。
これはいたって簡単、ケーキの型に酢飯を詰め込んで型抜きすれば良いんです。

型抜きの時に崩れてしまうのが心配な場合は牛乳パックを使うと良いですよ!
輪切りにして正方形にしてもいいですし、横に置いて長方形の型にもできます。

ご飯を詰めたら、ハサミで切り込みを入れてはがせば、
「型から抜けない~」なんて失敗を防げます。
 

具をサンドしてデコレーションケーキ風にする

白い酢飯を半分くらいまで詰めた後に、イクラやトビッコなどの
細かめの具を入れます。そしてまた酢飯でふたをすれば・・・

イチゴが挟まっているスポンジケーキみたいになります^^

具が間に挟まっている分、型から抜くときに滑って
崩れないように気をつけましょう。
 

二種類のご飯を使って層にする

酢飯を普通の白い物と桜でんぶを混ぜたピンク色の物の二種類で作ります。
最初にピンクのご飯を1/3くらいに詰めて、残りの部分に白い酢飯を詰めます。

これをひっくり返して型抜きするだけで二層のケーキの土台が出来上がり♪
たったこれだけで一気に可愛くなりますよ。

ご飯の色の付け方は色々あります。

青海苔を混ぜる、鮭フレークを混ぜる、かにかまを混ぜる、炒り卵を混ぜる・・・
色々な色をたくさん重ねてもOKです!
 



スポンサードリンク

 

ひな祭りの寿司ケーキデコレーションのアイディア♪

最大の見せ場は、具の乗せ方ですね。もちろん普通のちらし寿司のように
飾り付けても充分かわいいです。

でもここは、もっと「ケーキっぽさ」を出してみませんか?!

お花のデコレーション

可愛いバラを作ってデコレーションしちゃいましょう♪
作り方は簡単!サーモンをくるくると巻いていきます。
サイズが小さければサーモンを足して重ねて巻いていってくださいね。

そして巻き終わったら渦になっている所を少しずつ外側に広げると・・・
可愛いバラのできあがりです!

同じ要領で生ハムでも作れますよ^^

コレをどうやって飾り付けていけるでしょうか?

例えばポイントでこのサーモンのバラを飾るときは中心にイクラを
2、3粒乗せると可愛さが増します。

また錦糸卵を敷いた上に、サイの目に切ったアボガドを散りばめて、
お花を全体的に散らすと・・・まるでお花畑です!
 

クリームを絞る

もちろんこれは生クリームではありませんよー!
牛乳を加えて柔らかくしたマッシュポテトを使います。

絞り金で絞るとまるで見た目は生クリーム!
その上にミニトマトを乗せたら完全に生クリーム+いちご風になりますね。
 

雛人形をつくる

これはちょっと上級テクですね。
といってもすごく難しいわけではないので大丈夫ですよ。

ウズラのゆで卵を2個用意して、薄切りしたキュウリとサーモンを
着物のように巻きます。そこに海苔で作った髪・目や薄焼き卵で作った
扇・笏を付ければ立派なお雛様に!

参考になる動画があったので乗せておきますね^^

準備する具は同じでもちょっとした工夫で華やかになる寿司ケーキ。
一気にテーブルがお洒落になりますよね。
雛まつり以外にもおもてなし料理にも使えますよ~
 



スポンサードリンク

コメントを残す