全ての髪質のヘアケアに最適な卵パックの方法と卵パックレシピ

生卵は全ての髪質のヘアケアに使える最適な素材となります。
黄身は脂質とタンパク質が豊富な天然の保湿成分、白身はバクテリアを除去する
酵素が含まれているので髪や地肌の余分な油分を取り除いてくれるのです。

ノーマルヘアは全卵、ドライヘアやダメージヘアは黄身だけ、オイリーヘアは
白身だけを使ってヘアケアするようにしましょう。

卵パックをする頻度は全卵・黄身だけの場合は「月1回」
卵白だけの場合は「2週間に1回」程度がだいたいの目安です。
 

スポンサードリンク

 

卵パックのやり方
①汚れを軽くすすいだ髪に、頭皮を覆うように泡立てた
 タマゴ1個~2個を髪全体につけます。

②20分間放置した後、水又はぬるま湯で洗い流します。
※熱いお湯だとタマゴが固まってしまいますので注意!

③いつものようにシャンプー、コンディショナーなどをしてください。

④卵のにおいが気になる場合は、レモン果汁を数滴加えてください。

 

  • 卵パックにプラスオンのレシピ

  乾燥やダメージがよりひどい方は、卵に以下の材料をお好みでプラスした
  卵トリートメントでダメージ部分に塗って下さいね。

  • はちみつ(小さじ1)
  • グリセリン(小さじ1)
  • アボガドオイル(小さじ1)
  • ホホバオイル(小さじ1)

顔の毛穴ケアにも使える卵パック

卵パックは髪のケアだけでなく顔の毛穴対策にも使えます。

卵の卵殻膜はパックにして、小鼻の毛穴パックとして使うことができますし、
さらに卵白には高級化粧品と同じ毛穴に効く成分が入っています。

卵白を顔全体に塗って両手で顔をマッサージすれば、くすみが取れて美白効果も!
特に小鼻のわきは汚れが溜まりやすいので念入りに指先でマッサージをすれば
毛穴の黒いポツポツも除去することができますよ。

お湯で卵白を落とそうとすると、卵白が凝固してポロポロに固まってしまうので
できれば水かぬるま湯で卵白をしっかりと洗い流しましょう。

卵は食べるだけでなく美容ケアのアイテムとしても使えるので
一度試してみて下さいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.