クリスマスのイルミネーションを自宅に設置した時の電気代は?

クリスマスの時期には自宅にイルミネーションを輝かせる!
これだと外にイルミネーションを見に出かけなくても
家でまったり楽しめて良いですよね。

でも気になるのは・・・

「イルミネーションってつまり電気を付けっぱなしって事でしょ?!
けっこう電気代がかかるんじゃ・・・」

こんな所帯じみたことを思ってしまいます^^;

いやいや、でも大切なことですよね。日頃細かな節約をしているのに、
こんなところで電気代をかけていいのかな・・・と気になってしまいます。

期間限定のものだから、電気代は気にしないの~
なんて言える人の方が少ないはずです。

でも実際は電気代ってどれくらいかかるのでしょうか?
節電とイルミネーションは両立できるのでしょうか?



スポンサードリンク

クリスマスイルミネーションを自宅に設置した場合の電気代って?

クリスマスイルミネーションを自宅に設置した場合の電気代って
いったいどれくらいかかってくるのでしょうか?

例えば
・トナカイのモチーフ(3W)
・100球付きのライト(10W)
・ネットライト(2W)
・ツリータイプのライト(24W)
を飾るとします。

電気代の計算はこちらです。

1ヶ月の電気代=
使用するライトの消費電力(kW)×点灯時間×30日×電気料金

使用するライトの消費電力は39W=0.039kWですね。
電力量料金は地域やプランによって異なりますが1kwh=27円とします。

電気を付ける時間は・・・
冬だと17時くらいにはもう暗いので点灯します。
ご近所のことも考えて22時には消灯するとします。

そうすると1日で電気を付ける時間は合計5時間となりますね。

これをそれぞれ当てはめてみると・・・

0.039kW×5時間×30日×27円=1ヶ月で157.95円です。

1日当たり約5円!!

11、12月の二ヶ月間イルミネーションを点灯したとしても
315円しかかかりませんね!

もちろん規模によって異なりますが、これならサンタや雪だるまなどの
モチーフライトやチューブライトなどをいくつか増やしても大丈夫そうですよね!

華やかに明るいので電気代が気になりますが、結局は小さい電球の集まり。

それに最近は電気の消費量が少ないLEDライトが主流なので
意外と電気代はかからないのです。

これで安心して自宅のイルミネーションを飾れますね^^



スポンサードリンク

クリスマスイルミネーションのお得な節電方法とは?

クリスマスイルミネーションを自宅に飾っても
そんなに電気代はかからないので安心しましたね^^

それでも電気代が安くなるならそれに越したことはありません。
いくつか電気代節約術を見てみましょう!

電気料金プランを見直す
電気代を減らしたいならまずは電力量料金から!
日中よりも夜間に電気を使うことが多い人のために
夜間タイプの料金プランもあります。

・日中はあまり家にいない
・昼間はあまり暖房を使わず、冷え込む夜に暖房を使う。

こんな方が夜型のプランが断然お得!季節に合わせて見直してみましょう。

LEDライトのイルミネーションにする
最近はほとんどLEDタイプになってきましたね。
LEDは白熱灯の1/5の消費電力と言われています。

部屋の電球もLEDだとほとんど電気代がかからないので、
イルミネーションの様な小さな電球だとなおさらです。

例えば全体が電球で出来たモチーフであっても消費電力1Wなんてものも!
さっきの計算だと電気代は一ヶ月約4円です。安いですよね!!

LEDにすると電気代が更に抑えられるので、その分イルミネーションを
増やすことも可能なので節約しつつ、イルミネーションをより楽しめますよ。

ソーラータイプのイルミネーションにする
昼間の太陽の光で充電して点灯するイルミネーションなら
初期費用だけでOKです。

暗くなったら自動で付くものもあります。

もちろん一晩中充電が持つわけではないので点灯時間は5、6時間くらいです。
でもご近所のことを考えて夜中は消灯するので点灯時間ってそれぐらいですよね。

欠点は天候が悪くてちゃんと充電できないとすぐに消えてしまうことです。
常にきちんと点灯させたい方には不向きですね。

タイマーを使用する
点灯・消灯をきちんとするのが節約の道ですが、毎日のことなので
ちょっと手間ですよね。

忘れてしまって点灯しっぱなし・・・なんてことも。

せっかくご近所の皆さんにも楽しんでもらえるイルミネーションなのに
点けっぱなしだとご近所迷惑にもなりかねません。

節電は「塵も積もれば山になる」です。
細々した節約を積み重ねてこそ効果的になります。

タイマーで点灯・消灯するようにしておくと消し忘れがなく、
ちゃんと定期的な節電ができますよ。

こんなちょっとした工夫で電気代をさらに押さえることができます。
 

イルミネーションって思ったより「電気代」がネックにならないんですね^^
これで気軽にクリスマスイルミをお家に飾ることが出来ますね♪



スポンサードリンク

コメントを残す