自分に合った正しい枕の選び方と簡単にできる自分に合う枕の作り方♪

いつも頭痛やめまいがする・・・ 万年肩こりに悩まされている・・・

これって実は自分にあっていない枕が原因かも?!

たかが枕・・・って思うかもしれませんが、寝ているときの姿勢で
日中の体調が大きく左右されることもあるんです。

良い姿勢で寝るには自分に合った枕を選ぶことがとても大切。

・・・といっても自分に合う枕ってどういったものなの?
どうやって選べばいいのか分からないですよね^^;

そこで自分に合った正しい枕の選び方をご紹介します^^
 

自分にあった枕の選び方―ポイントは寝返り!

人間は通常一日の1/3は睡眠していると言われています。
ということは人生の1/3は枕を使っていると言うこと!

それなら着心地の良い服を選ぶように、自分にあった枕を選ばなきゃ!ですよね^^

枕の選び方で大切なのは「寝返りがうてる枕」なんです!

睡眠時の寝返りってとても大切で、寝返りをうつことで
体の疲れや緊張をほぐすことができるんです。

そのため自分に合った枕を選ぶときは仰向け・左向き・右向きの
どの方面でもフィットする枕を選びましょう。

枕を使ってチェックするべきポイントはここです!

自分に合った枕の高さのチェックポイント

仰向け・・・気道が確保されていてリラックスして呼吸できる状態
横向き・・・横を向いていても圧迫感がない
寝返りするときに左右どちら向きにも動きやすい

この3つのポイントがクリアされる高さの枕が自分にあった枕です。

またありがちなのが、自分にあった高さなのに
使い方が間違えていることです。

枕って頭だけをちょんと乗せるのではなく、きちんと首が支えられる
ように肩の辺りまで深めに頭を乗せるものなんです。

自分に合った枕を正しく使えば睡眠の質がぐんとUPしますよ♪
 



スポンサードリンク

 

自分に合った枕を選ばないと肩こり・頭痛がするのはなぜ?

ここまで真剣に枕を選ぶ必要があるのは、ただ単に自分に合っていると
気持ちがリラックスするから♪なんて理由だけではないんです。

枕があっていないと頭を支えている首の筋肉に
大きく負担がかかってしまうんです。

特に「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」という筋肉が
緊張状態に置かれます。

えっ?どこの筋肉??
ってくらいあまり聞き馴染みがない筋肉ですが^^;

あまり知らない筋肉でもとっても重要な部分なんですよ。
この筋肉が凝ると顔のむくみ、肩こり、頭痛を引き起こしてしまうんです。

さっきも言ったとおり人生の1/3は枕を使っている状態。
つまり人生の1/3は首の筋肉に負担がかかっているんです!

そりゃあ肩こりも治らないわけですよね・・・。

そのためここの筋肉をきちんと支えてあげられるような
枕を選ぶことがとても大切なんです。
 

自分に合った枕が見つからない!!それなら作っちゃおう♪

人の頭の大きさはそれぞれです。色々な枕を試してみても
どれもしっくりいかない・・・なんてことがありますよね。

しかも枕は数ミリ単位で合う合わないが決まるので
既製品だとフィットするのが難しい!
かといってオーダーメイドの枕って高いですよね・・・^^;

それなら自分に合う枕を作ってみませんか?!

綿を買ってきてお裁縫して・・・なんて難しい方法じゃありませんよ。
ブキッチョさんでも簡単に作れちゃうんです♪

これは枕の専門家ともいえる「山田朱織枕研究所」というところが
提案している方法なので是非試してみてくださいね♪

自分に合う枕の作り方
【材料】
・玄関マット
・大判タオルケット
・バスタオル

【作り方】
①玄関マットを三つ折りにします。
②大判のタオルケットを4つに折った物を玄関マットの上に置きます。
③バスタオルを重ねていって高さを調整します。

ポイントは

寝返りを打てるよう50cm以上の幅にする
首に合っている側は直角になるように折り目の向きを合わせる
高さの目安は15°

これなら簡単に自分にだけにあったオリジナル枕を作れますよ!
 

枕があっていると寝やすい、とは思っていたけどここまで重要だとは
思わなかったって方も多いのではないでしょうか?

自分に合った枕って首の筋肉や神経に大きな影響を与えるんです。
上手に枕を選んで疲れをしっかり取れるような良い睡眠を目指しましょう。
 



スポンサードリンク

コメントを残す