夏バテに効く食事と栄養とは?食欲がない時に夏野菜を使った料理

夏バテに効果のある食事と栄養素

夏バテしてしまう原因は色々とありますが、主なものとして挙げられるのは、
暑さによる体力消耗や、食欲不振による栄養不足です。

元気に夏を乗り切るには、やはり食事による栄養補給が不可欠。

夏バテを防ぐために効果的な栄養素と食べやすいメニューをご紹介しますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。
夏バテ 食事

夏バテの原因が体力消耗ということは、まず、消耗した体力を取り戻さなければ
いけません。疲労回復に役立つ栄養素といえば、ご存じ「ビタミンB群」です。

特に必要とされているのはビタミンB1で、炭水化物に含まれる成分を
エネルギーに変換する効果があるため、疲労が回復しやすくなります。

疲労回復には豚肉を使った料理を食べると良い、という話を聞いたことが
ある人も多いと思いますが、これも豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれて
いることから、そう言われているのです。

また、ビタミンB2にはビタミンB1の働きを補助する役目があり、
こちらも併せて摂りたいところですね。

タンパク質の代謝に働くビタミンB6も、元気を保つためには欠かせない
栄養素の1つです。

 

スポンサードリンク



 

夏バテに効く食事には夏野菜が有効

ここまで「夏バテ対策にはビタミンB群が重要」と書いてきましたが、
忘れてはならない栄養素がカリウムです。

カリウムは発汗によって失われていくため、大量の汗をかく真夏には
不足しがちになってしまいます。

このカリウムを補給するのにオススメの食材が、夏の旬の食材としても有名な
南国野菜のゴーヤ(ニガウリ)です。

ゴーヤにはカリウムの他にもビタミンCを含んでいて、どちらも夏バテ対策に
効果のある栄養素です。

もうひとつオススメの食材は、夏野菜の代表であるトマト。
トマトはカリウムを含むだけでなく食欲増進効果があり、暑い日にはもってこいです。

またトマトに含まれるリコピンは女性に嬉しい美白効果もあるので、
積極的に食べていきたいですね。

 

夏バテで食欲がない時におすすめの食事とは?

とはいえ、やっぱり暑い日が続くと食欲がなくなってしまうもの。
できればあっさり、サッパリと食べやすい料理がいいですね。

そんなときにオススメしたいのが、夏野菜をお酢で漬け込んだピクルスです。

作り方は簡単で、トマトやキュウリなど適当な夏野菜を、冷蔵庫で
ピクルス液に漬けておくだけ。

ピクルス液は、お酢100ccお水100cc砂糖小さじ1を混ぜれば完成です。
鷹の爪やニンニクを入れても美味しいですよ。

ピクルスには家庭ごとの味があると言います。あなたも是非、自分好みに仕上げた
オリジナルのピクルス液作りに挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す