梅雨の湿気でも崩れない!巻き髪のカールをキープする方法

梅雨 湿気 巻き髪

梅雨の湿気の多い季節は髪型が崩れやすいことが悩みの1つですが
服装に合わせて毛先をクルクルと巻いてオシャレな巻き髪を楽しみたいですね。

朝にはバッチリと巻き髪をセットして出かけたはずが、ふとガラスに映った
自分の姿を見たらカールが取れていて大ショック!

巻き髪女子なら誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

でも、大丈夫!恐らく多くの人がやってしまいがちなミスを防いで、
綺麗な巻き髪スタイルを手に入れちゃいましょう!
 

 

巻き髪の天敵は湿気にあり!

巻き髪が崩れていることに気付いて慌ててトイレに駆け込み、髪に水をつけて
指でクルクル・・・あなたもやっちゃった経験ありませんか?

でもこれ、実は全くの逆効果なんです!

というのも、綺麗に巻いたはずのカールが取れてしまう原因は、
梅雨の季節には避けられない湿気にあります。

髪が空気中の水分を吸ってしまい、その結果、髪が重くなって
カールが取れてしまう、という訳なんですね。

だから、湿気を含んで重くなっている髪に、さらに水をつけるのは悪循環です。

では、どうしたら良いのか?

本当はカーラーなどで巻き直すのが一番ですが、なかなか出先では難しいのが
実情ですね。やはり、朝のスタイリングが物を言います。

 

巻き髪キープの強い味方はワックス&スプレー!

まず、コテを使う前に、巻き髪専用のスタイリング剤をつけましょう。
梅雨の季節はミストよりもワックスがオススメです。

朝シャンプーをする人は、しっかりと乾かしてから髪を巻くこと。
濡れた髪はカールがつきにくく、また長時間コテをあてていると髪が傷んでしまいます。

コテで巻き終えたらすぐには解かず、出来ればドライヤーで冷風を当ててから
解くと効果的です。時間がない人は少し冷ましてから解くだけでも効果ありなので、
お試しあれ。

仕上げは巻き髪キープ用のスプレーを、髪全体に軽く振りかけます。

このとき、崩れてしまうのを恐れて大量にスプレーしてしまうと、その重みで
逆に崩れやすくなってしまうので注意しましょう。

いかがでしょうか。大切なのは「必要以上に髪に水分を与えない」
「スタイリング剤をつけすぎない」「温めてから冷やす」ことです。

これを覚えておくだけで格段に巻き髪をキープしやすくなりますので、
試してみてくださいね!