熱中症の応急処置と危険な場合に救急車が到着するまでの救急処置とは?

熱中症の初期症状が出始めたら、すぐに必要な処置を行うことで重症化を防げます。
正しい知識を身に付けて、いざというときのために備えましょう。

熱中症になったら応急処置はどうすればいい?

熱中症になってしまったら、とにかく体内の熱を逃してあげないといけません。
出来れば冷房の効いている涼しい室内へ、そういった場所が近くにないときは、
なるべく風通しの良い日陰へ移動しましょう。

服装は出来る限りボタンやベルトなどの締め付けを緩めて、身体をリラックスさせます。
肘や膝の裏側、腋の下、太ももなど太い血管のある場所は
効果的に身体を冷やすことが出来るので、覚えておいてくださいね。

熱中症の症状が出ているのに汗をかいていない場合は、脱水を起こしていますので
速やかに水分を補給してください。

ただし冷たいものを一気に飲んでしまうと、胃痙攣を起こす可能性があり危険です。
慌てて氷水を飲んだりせずに、常温の水をゆっくり飲むようにしましょう。

また、過度な脱水を起こしているときは、体内の塩分が不足していることがあります。
体内の塩分濃度が低い状態で水分を大量に摂取すると、水中毒を引き起こす恐れが
あるので注意してください。

水を飲むことによって更に血中の塩分濃度が薄まり、身体が水分を受け付けなくなる
悪循環に陥ってしまいます。

特に小さな子供は水中毒になりやすいので、保護者やまわりの大人が
気を付けてあげてくださいね。

塩分と水分をバランスよく補給するためには、味噌汁を飲むのが効果的ですので
覚えておいて下さいね。

楽天市場 熱中症対策グッズをチェック>>
 

熱中症が危険な状態かの見極め方とは?

救急車を呼ぶ判断は、自分で水が飲めるかどうかです。

熱中症の症状として吐き気がある場合は、口からの水分を摂取することが
出来なくなるので病院へ行って点滴を受けてください。

ぼんやりする、手足が震える、など自力で歩くことが困難な場合は、
遠慮しないですぐに救急車を呼びましょう!

救急車を呼ぶ際には、これまでの経緯を伝えることが重要です。

「気温30度を越えた屋外に1時間ほどいたら、急に具合が悪くなった。
少し頭がぼうっとする感じで、手が震えてしまって飲み物を上手く口元に運べない」

というようなことを的確に救急隊員に伝えることが出来れば、迅速な処置に繋がります。
救急車が来るまでは涼しい場所で安静にし、濡らしたタオルや保冷剤
(なければ冷えた飲み物をタオルで包んだものでもOK)で身体を冷やしておきましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す