熱中症を予防する水分補給の正しいタイミングと水分量とは?

熱中症 予防 水分補給

気温が高く暑い日には、つい冷たい飲み物を一気飲みしたくなってしまいますよね。

「熱中症予防のためにも水分は摂らなきゃいけないから、たくさん飲んでも大丈夫だよね!」

なんて思っていませんか?

熱中症 水分補給 タイミング

確かに熱中症を予防するには、適切な水分補給が欠かせません。

ですが、この「適切な」というポイントを間違っていると、
逆に熱中症を悪化させて自ら危険を招くことになってしまいます。

熱中症を予防するためには、どんな風に水分補給を
すれば良いのかご紹介しましょう。

 

熱中症を予防する水分補給のタイミングと水分量

まず覚えておいて欲しいのは、喉が乾いてから
水を飲むのでは遅い、ということです。

そもそも「喉が渇く」ということ自体が、既に軽い脱水症状に
陥っていることを示しています。

身体に水分が足りていない、だから水分を欲して喉が渇くのです。

そのため夏場の汗をかきやすい時期は特に、喉が渇いたと思う前に
水分補給をする必要があります。

では、熱中症を予防するためには、どんなタイミングで、
どのくらいの量を飲めば良いのでしょうか。

ざっくりと言ってしまえば、汗をかいた分と
同量を適時補う、が正解です。

ただし冷たい飲み物を一気に飲んでしまうと内蔵に負担がかかり、
胃痙攣を起こしてしまう可能性があります。

大体30分に1度のペースで、コップ1杯分くらいの
水分を補給するようにしましょう。
 

 

熱中症を予防する塩分濃度は何%?糖分の比率は?

水分補給をする際は通常なら普通のお水で構いませんが、
出来れば水道水よりもミネラルウォーターの方が、
汗と共に失われてしまうミネラルを補給しやすくオススメです。

ただ、屋外で大量の汗をかく場合は、ミネラルウォーターだけでは
ミネラルが不足してしまいます。

汗には水分の他に、ナトリウムやカリウムなどのミネラル、
簡単に言えば塩分を含んでいます。

汗をしょっぱいと感じるのは、そのためですね。

大量に汗をかいた状態で水分だけを補うと、体内の塩分濃度が薄まり、
身体が水分を受け付けない状態になってしまいます。

これはとても危険な状態で、処置を誤ると最悪の場合は
命に関わることにもなりかねません。

そのため汗をかいたときに水分補給をする際は、
同時に塩分も摂取するように言われているのです。

また、塩分は糖分と一緒に摂ると吸収が早まりますが、過剰摂取は禁物です。

適切な濃度は1Lの水に対して、

塩分0.1%~0.2%(2g)、糖分2.5%(25g)

と覚えておきましょう。