紫外線対策に効果のある栄養素とは?お肌の美白と目に良い栄養!

強い日差しや紫外線を浴びてしまった日はお肌もボロボロ・・・
目の痛みや充血に眼精疲労を起こしたり・・・

紫外線が気になる季節はお肌や目へのダメージが心配になります。

そこで紫外線を浴びてしまった日や、レジャーに出かける前などに
摂取したい紫外線対策できるお肌と目に良い栄養素をご紹介します!
 

紫外線対策に効果を発揮する美白を促す栄養素とは?

紫外線によるダメージを受けたお肌には、メラニンを取り除く栄養素を
積極的に摂取することで美白に!

トマト
トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があり、メラニン色素の
沈着を防いだりシミ、ソバカスを薄くしたりする効果があります。

またリコピンは油に溶けやすいので、オイルドレッシングにしても
吸収率アップになります。

同じくリコピンはスイカにも含まれていますよ^^

それに美容には欠かせないビタミンCもとっても豊富なんです。
ジュースにすると吸収率が約3.8倍に!トマトジュース様様です^^

アセロラ
ビタミンCとポリフェノールが豊富に含まれているアセロラは美肌の味方です。
ポリフェノールにはメラニンを抑え、シミを美白する効果が!!

またアセロラの酸味は夏バテしたときでも飲みやすくスッキリしますよね。
やっぱり美味しく摂り入れられるのが一番です♪

ブドウ
ぶどうの種や皮に含まれる渋み成分「プロアンドシアニジン」には
抗酸化作用があるのでこれもまたシミを薄くする効果があります。
ぶどうもやはりジュースにするのがおすすめです!

ここで大きな落とし穴が!美肌にいいとされているフルーツの中には、
紫外線を吸収しやすくする「ソラレン」が含まれるものがあるんです!

そういうものを朝や日中摂ると逆にシミ・ソバカスの原因になることも!
ここであげたアセロラもその一つです。

他にはキウイやオレンジ・レモンなどの柑橘系もソラレンが含まれています。
これらは夕方や外出しないときに摂るようにしましょう。

他のフルーツは朝に取ると吸収率が良いのでおすすめですよ♪
 



スポンサードリンク

 

目の紫外線対策に効果的な栄養素とは?

お肌だけでなく目も紫外線によってダメージを受けてしまいます。
サングラスや帽子で外からの紫外線を防ぐだけでなく、目のダメージ
に効果的な栄養素を摂って体の中からもしっかりとガードしましょう。

アントシアニン
細胞の再生・修復、毛細血管の強化する目の健康に欠かせない栄養素です。
と言うと小難しいですが、ブルーベリーに含まれている栄養素です。

あぁ~!ブルーベリーって目に良いって言われていますね^^
皮に多く含まれているので皮ごと食べるようにしましょう。

アスタキサンチン
アスタキ・・・サ・・?なんだかあまり聞き慣れませんよね^^;
ビタミンCの6000倍の抗酸化作用があると言われています。
(6000倍ってもう比べる物じゃない気がしますけどね^^;)

眼精疲労を緩和させる効果があります。
サケ、イクラ、カニ、エビなどに含まれていて、油と一緒に食べると
吸収率がアップします。

ルテイン
にんじん、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれている
ルテインには紫外線のダメージによって発生する活性酸素を除去してくれます。

ルテインは年齢と共に減っていき、しかも体内で生産されない栄養素なので
食べ物やサプリメントなどで補う必要があります。

ビタミン
特に目に良いのはビタミンAとビタミンBです。
ビタミンAは緑黄色野菜、ビタミンBは豚肉、卵、マグロなどに含まれています。
緑黄色野菜を摂る方が美肌効果もあるので、ジュースなどで摂取するのが効率が
良さそうですね!

またビタミンCは白内障の予防に良いので、紫外線によく目をさらしている人は
積極的に摂るといいですね。

ミネラル
これもまた体内では産生されない栄養素です。とはいっても多すぎても
少なすぎてもいけない、でも体全体がうまく機能するには欠かせない!
というちょっと厄介な物です。

よく「にがり」をご飯に混ぜて一緒に炊いて摂取する方法がありますね。
煮干しなどが入ったふりかけや大豆製品からも摂ることができますよ。

紫外線対策に有効な栄養素ってけっこうありますね^^

毎日全部を摂取するとなるとかなりの種類の物を食べないといけなくなります^^;
バランスの良い食事を食べていれば自然と摂取できているかもしれませんね。

特に日差しを浴びた日には、積極的にこれらの栄養素で作った
紫外線対策スペシャルメニューにしてみるといいですね^^
 



スポンサードリンク

コメントを残す