体質改善をもたらすのに漢方を飲む期間はどれ位?

現在の医療機関で頻繁に処方される西洋薬とは違い、漢方薬の場合は
純粋に植物の天然素材や生薬を原材料にした東洋医薬品になります。
体質改善 漢方 期間
西洋薬と働きが違う所は、漢方は1つの症状に対して集中的に治すというより、
2つ以上の生薬の効能を組み合す事で広範囲に多面的な効果が期待できる点です。

漢方薬の大半は比較的緩やかに効能が現れるものが多いですが、
軽症の風邪の疾患には通常の感冒総合薬のように2,3日で効果が
見られるものもあります。

 



スポンサードリンク

 

では体質改善をもたらすのに漢方を利用する場合の
服用期間はどれくらいでしょうか?

それは目安として少なくとも1~2ヶ月続けて服用するのが必須です。

それでも少しの改善が期待できなければ、別の種類の漢方薬に変えて
もらうようにするというのが妥当な判断になります。

漢方には沢山の種類がありますから、普通医療機関では同一の漢方薬を
2週間程度服用した後に、きちんと体内に有効成分が働いているか?
という簡易検査をします。

今まで、漢方を服用する習慣がなかった人なら、この検査の時点で
服用中の漢方が体質改善に期待できるか判断を付ける事が可能です。

そして体質改善を目的に漢方を服用している期間の間には、人によっては
一時的に体調不良に見舞われる場合もあります。

この症状は、漢方が体調を徐々に好転させているサインとも捉えられるので、
一概に副作用と決めつけられません。体質が改善される為の喜ぶべき好転反応
なのです。

ただ余りにも体質が服用中の漢方を受け付けない時は、強い副作用を発症している
場合もあるので、好転反応だからとあまり無理な我慢をしないようにしましょう。

そしてできるだけ早く漢方医や薬剤師に症状を伝えて指導を受けるようにしましょう。



スポンサードリンク

コメントを残す