七夕祭りは菅原道真を祀った全国の天満宮で開催!

七夕 天満宮

七夕に縁のある天神様として有名な菅原道真を祀った神社は
全国になんと、10,000以上もあるとも言われております!

すごい数ですね^^ その全国各地の天満宮では
七夕の日に色々なお祭りやイベントが行われています。

いくつか有名な天満宮の七夕祭りを紹介したいと思います!
 

『太宰府天満宮』

 福岡県太宰府市にある天満宮で、名前は聞いたことがあると思います。
 北野天満宮とこの大宰府天満宮が総本社となります。

 菅原道真は、京都から大宰府に流され、この場所で生涯を終えられました。
 道真公の最後の土地になるのがここ太宰府なんですね。

 こちらでは7月7日の夕方より『七夕の宴』が開催されており、
 歌や踊りや太鼓の演奏など、盛大に七夕祭が執り行われています。
 

『防府天満宮』

 山口県防府市にある天満宮で、菅原道真が無くなった翌年に建立されました。
 管公を祀る神社がたくさんある中で、「日本最初の天満宮」として、
 日本三天神と言われている神社です。

 こちらでも、7月1日~7日に『七夕まつり』が開催されており、
 七夕祈願祭で「恋愛成就」や「夫婦和合」、「家内安全」等を祈願した人には
 七夕限定のお守りが授与されます。

 また、境内のライトアップや、彦星☆織姫コンサートなど
 たくさんの七夕イベントも催されます。
 

『大阪天満宮』

 大阪市北区にある天満宮で、菅原道真が大宰府へ配転させられた時、
 この地にあった大将軍社を参詣し、のちにこの神社の前に突然7本の松が生え、
 金色の霊光を放ったことから天神様の信仰が始まりました。

 この天満宮でも盛大に七夕のお祭りが開かれており、
 「星愛七夕まつり」といって、大阪の夏の風物詩としてもとても有名です。

 境内に設置された茅の輪を七夕の願いを込めて、たくさんのカップルたちや
 子供たちがくぐるというファンタジックなイベントや、

 「星愛の池」のほとりの笹に願い事を書いた短冊を吊るすなど、
 たくさんの催し物が開催されています。
 

『山田天満宮・金神社』

 愛知県名古屋市にある天満宮で、徳川光友が学問祈願所と名古屋城の
 鬼門守護神として菅原道真の神霊を勧請し、創建された天満宮です。

 ここでも七夕祭りが行われています。

 神社で祓い清められた七夕短冊にお願い事を書き、
 7月7日に笹につるして奉納します。
 

このように、七夕の日には全国各地の天満宮では
とても盛大に七夕祭りやイベントが行われております。

是非、近くの天満宮で開かれる七夕祭りに
参加してみてはいかがでしょうか?

夏の素敵な思い出になること間違いなしですよ☆
 

七夕