白髪になる4つの原因とは?予防できる3つの習慣と頭皮ケア

若い頃はたまに1,2本生えてくる程度の白髪なんて全く気にも
ならなかったけど、最近生え際の白髪が目立ってきた・・・

おしゃれ染も白髪染じゃないと染まらなくなってきた・・・
しかも3週間もすれば、けっこう目立ってしまう・・・

同じ年代でも全く白髪が生えてこない人もいてるのにどうしてなの?

もちろん加齢と共に白髪になるものですが、そもそもどうして白髪に
なるのか?原因が分かれば対処法もあるはず!

白髪になるメカニズムと予防法をご紹介します^^
 

白髪になるメカニズム~4つの原因とは?

黒々としていた髪の毛、それがどうして白くなるのでしょうか?
主に4つの原因があります

①メラニン色素を作る機能が低下する

元々は髪の毛って白なんです。そこにメラニン色素で色づけをして
生えてくる、ということなんです。

しかし老化によってこの機能が低下すると、黒く染めきれなくなった
白髪が出てくるということなんです。

②栄養不足

髪はタンパク質から出来ています。そしてタンパク質からできる
アミノ酸の一種である「チロシン」がメラニン色素の原料となります。

このチロシンが足りないと当然ですが髪を黒くすることができなくなって
白髪になってしまうのです。

他にも鉄、銅、亜鉛なども不足すると白髪の原因になります。

③ストレス

ストレスがたまると自律神経が乱れます。そうすると髪を黒くする機能が
うまく働かなくなったり、髪が黒くなる前に育って生えてしまったりする
ためストレスで白髪が出ると言われています。

④遺伝

詳しいメカニズムは解明されていませんが、白髪は遺伝的要素が強い
と言われています。

若白髪が生える人は親もそうだったということが多いようです。
 

スポンサードリンク



 

白髪を予防する3つの習慣とは?生活習慣から白髪対策!

白髪になる原因が分かると予防策も立てられそうですよね!
実は白髪は生活習慣で大きく左右されるんです。

髪に色を付けている場所「メラノサイト」まで栄養を届けることが
重要になってきます。

それを助けるのがこの予防するための3つの習慣です。

①食生活を整える

髪はほとんど食べたものでできているので食生活が大きく影響します。
原因②からもわかるように必要な栄養素を摂ることが大切ですね。

生野菜を食べよう
生野菜は豊富な水分と栄養素を持っています。水分を摂ることで
体に必要な水分を補いメラノサイトまで栄養を届けやすくなります。
必要な栄養素を持った食材を摂る
例えば海草でミネラルを補給したり、牡蠣でタンパク資源「亜鉛」を
摂ることができます。青さかなや大豆類、ナッツ類もおすすめです。
天然の調味料を使う
化学調味料、保存料、香料などの添加物が入っていない調味料を選びます。
また日本人の体質には日本の伝統的な調味料が必要です。
醤油、味噌、酢、塩などを使いましょう。

②質の良い睡眠をとる

人間の体は寝ているときに色々なダメージを回復します。
また新しい細胞の働きも睡眠中に活発に!

きちんと夜に睡眠を取って整えることで、体の働きも良くなるので、
髪を黒くする機能も整いやすくなります。

③運動不足を解消する

ちょっと意外に思うのが運動不足も白髪につながると言うことです。

運動不足になると血流が悪くなります。そうすると栄養が
メラノサイトまで届かなくなるので、結果栄養を摂っていても
髪にとっては栄養不足になり白髪が出てしまうのです。

本格的な運動でなくても、階段を使うとか駅まで自転車にするなど
ちょっとした日常の中でも運動を意識していきましょう。
 

頭皮ケアをして白髪を予防しよう

さて内側から白髪をなくすケアを見てきましたが、実は外側のケアも
とっても大切なんです。

白髪なのに頭皮のケア???って思いますよね。

育毛ケアをすることで髪の成長が活発化します。
結果「白髪の予防」にもつながるんです。

例えばシャンプーの時やお風呂上がりに
頭皮マッサージを行ないましょう。

頭皮マッサージの方法
①生え際から頭の中心にむけて指の腹でマッサージをします。
②全体をしたら首のリンパを上から下に向けで流すようにマッサージします。

これを一日3セットを目安に行なってみてくださいね。
頭がスッキリして気持ちいいですよ♪

また最近は白髪対策のスカルプもあるんです。

さすが専用のシャンプーなのでお値段もしますよね^^;

更に体の内側から白髪対策できるサプリメントまでありました!
白髪サプリもいくつか種類があるんですね~
「白髪サプリ」をチェックするならコチラ>>
 

こういった外側からのケアで髪の健康を整えると白髪対策にもつながります。
内側のケアと一緒に行なって白髪予防をしていきましょう。
 

スポンサードリンク



コメントを残す