機内で足のむくみを解消する予防対策!

普段からも足のむくみが気になる女性にとって、機内で一番頭を抱えやすい
不快な症状として第一に挙げられるのが足のむくみですね。

飛行機から降りたら決まって足が浮腫んでパンパンになっていますよね。

特に国際線での長時間のフライトになると、どうしても座席にずっと座りっぱなしで
同じ姿勢の状態になる為に足の血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。

リンパの流れが悪くなると余分な水分が足に溜まってむくみの原因になってしまいます。
血流が滞ると血栓が出来やすくなり、立ち上がったりした時にその血栓が血管を塞いで
しまうととても危険な状態になります。いわゆるエコノミー症候群というものですね。

こうなる前にできるだけ足のむくみを予防できるようにすることが大切です。

このような機内での足のむくみを解消する方法は、旅行に行く前に準備できる事と
機内で実践できるケアがありますのでご紹介しますね。
 



スポンサードリンク

 

フライト前に準備できる足のむくみ対策

例えば下半身のリンパマッサージを毎日行ったり、食事面では塩分摂取を控えめにし、
体内の余計な水分排出する効果があるカリウムを多く含む食材を摂取しておくのも
1つの有効な方法です。

カリウムが多い食品は野菜や果物で、豆類等にも多く含まれています。

バナナには多くのカリウムが含まれているのでオススメです。
また、生のバナナでなくてもドライフルーツのバナナチップでもOKですよ。

もし事前に先の旅行スケジュールが把握できているなら、国内を発つ約2週間前位より、
これらを実践することで機内でのむくみ解消にある程度は備える事ができますよ。
 

機内で実践できる足のむくみケア

座席で定期的に軽い足の運動とふくらはぎのマッサージを行うようにしましょう。

足の指先を上下に動かしたり、ふくらはぎを握りこぶしでポンポンと叩いたり
膝の上げ下げ運動をすることで足のむくみを予防することができます。

JALなど日本の航空会社には青竹踏みを用意しているところもあるので、
CAさんにお願いすれば貸し出してくれるので一度聞いてみると良いでしょう。

足のむくみを解消するポイントとして重要なのは、足はなるべく高い位置に
置くようにすることです。

足をずっと下げたままでいると、余分な水分が溜まってむくみの原因や足の疲労が
蓄積されてしまいます。できるだけ意識して高い位置に置くようにしましょう。

そしてもう1つ重要なポイントは水分補給はいつもより多めに心掛ける事です。
頻繁にトイレに行く事になるからと水分を摂るのを控えるようにするのはNGです。

トイレを我慢すればむくみの原因になるので、トイレは出来るだけ頻回に
行くように意識するようにしましょう。

むくみ予防には暇があれば飛行機内をちょくちょく歩いたりするのが有効ですが
特に意味もなくウロウロすることはなかなかできないと思いますので、トイレに
頻回に行くことで歩くことができますね。

これらのポイントはむくみ予防には確実に繋がるので実行してみて下さいね。

また機内での足のむくみ解消にとても役立つのが「着圧ソックス」です。
着圧ソックスは普段立ち仕事の人やナースには人気のマストアイテムです。

着圧ソックスを履くことでふくらはぎの筋肉を適切な圧で刺激を与えて
静脈の血流やリンパの流れを良くして水分バランスを整えてくれるので
足のむくみを予防するアイテムとしてかなり効果があるのでおすすめです。

着圧ソックスを楽天市場でチェックする>>

機内での足のむくみを解消するのに効果的なポイントとケアを是非実践して
快適なフライトで目的地での旅をエンジョイして下さいね♪
 



スポンサードリンク

コメントを残す