新じゃがの生食用ってどおいうこと?生で食べても毒は大丈夫?!

新じゃがは新鮮だし生で食べると美味しいよ~
そんなこと聞いたことありませんか?

でもじゃがいもって生で食べても大丈夫なの?
お腹を壊すって聞いたことがあるような・・・

ソラニンなどの毒は新じゃがいもなら平気ってこと?

新ジャガの生で食べるレシピがあってもちょっと不安になりますよね^^;

生で食べても平気なのか、なぜ危ないと言われているのかまとめてみました。
 

新じゃがの「生食用」って生で食べてもOKってこと?!

よくじゃがいもに「生食用」って書いてありますよね。
ってことは生でたべても大丈夫ってことなんでしょうか?

実はこれって生で食べるって意味じゃないんです!

じゃがいもの場合「生食用」「加工用」「デンプン原料用」に分かれていて
ポテチやフライドポテトにするための加工用、片栗粉にするデンプン原料用に
対して家庭やレストランで料理として使うものを生食用と呼んでいるのです。

つまり調理に使うものはすべて生食用ってなるんですね^^
 

かといって生で食べられないってわけじゃないんです。
レシピがあるように生でたべても問題ありません。

生で食べるとお腹を壊すと思われている理由は
「ソラニン」という天然毒素です。

じゃがいもは保存している間に光に当たるとソラニンという
有害物質ができてしまうんです。これを食べると下痢や嘔吐をもよおす、
けっこう侮れない毒素です。

じゃあますます生でたべるのが不安になるわ!!って思いますよね^^;
 

この毒素であるソラニンはジャガイモの芽と皮に含まれる物で
熱で分解されないので火を通しても残ってしまう毒素なんです。

ソラニンが取り除けてなければ生だろうが調理済みだろうが
お腹を壊すことに変わりありませんね。

そのためしっかりと芽をとって、皮をむくことが大切。
それだったら生で食べても問題ありません。

またソラニンは保存している内に発生するので、収穫されたばかりの
新じゃがいもには含まれてないことが多いので、新じゃがいもなら安心ですね^^
 

スポンサードリンク



 

じゃがいもを生で食べるときに気を付けることは?

生に限らずじゃがいもを食べるときにはソラニンの対策が大切です。

ソラニンは緑色になるので、皮が緑になっている物は食べるのをやめるか
充分厚めに切り取りましょう。芽もしっかり取り除いてくださいね。

熱には強いソラニンも水溶性で水に溶けやすいという性質を持っています。

煮たり茹でたりするときは自然に水分に浸かりますが、生で食べるなら
食べる前に水にさらしておくと良いでしょう。

またソラニン中毒だけじゃなく、衛生的に生で食べるのが心配・・・
っていう人には半生で食べるのがおすすめです。

熱湯に通してから冷水にさらしてから良く水気を切ると、熱を通しつつ
シャキシャキの食感を味わうことが出来ますよ^^
 

新じゃがいもを生で食べるときのおすすめレシピ♪

では新ジャガを生で食べるときってどんなレシピが良いのでしょうか?
せっかくの新じゃがいもなので、じゃがいもメインのレシピで楽しみましょう♪

サラダや酢の物にするのが美味しいですよ。さっぱりシャキシャキが味わえます。

梅としらすの新じゃがサラダ
【材料】
・新じゃがいも・・・1個
・しらす・・・大さじ1
・梅干し・・・大2個
・酢・・・大さじ1
・砂糖・・・小さじ1
・塩・・・少々

【作り方】

①じゃがいもは千切りにしたあと水にさらしておきます。

②梅干しをたたいて梅肉にします。ふつうの梅干しとハチミツ入りの
 甘めの梅干しを1個ずつ合わせて混ぜるのがおすすめ♪

③酢・砂糖・塩・梅肉をよく混ぜて合わせておきます。

④じゃがいも、しらす、③をよく和えて完成です。

梅干しを入れることでまろやかなさっぱり感と彩りが添えられます。
じゃがいもの千切りはなるべく細かく、糸のようにしましょう。
スライサーを使ってもOKですよ。
 

じゃがいもって生で食べるより、調理した方がおいしい野菜、なんて言われています。
でも生のシャキシャキ感もけっこう美味しいんです!
新じゃがいもならその美味しさも増し増し!

これまでジャガイモを生で食べたことのない人は安心して試してみてくださいね^^
 

スポンサードリンク



コメントを残す