漢方が体質改善に良い効果をもたらす理由は?

日頃から何かと疲れやすい、免疫力がなくて風邪をひきやすい、お腹を壊し易いなど、
慢性的に続く体調不良はその人の持つ体質や精神バランスによるものが多いので、
一般的に西洋の医薬品による対処療法で完全に治癒するのは難しいです。

ところが東洋医学である漢方は、これらの混沌とした症状を徐々に快方させる作用に
長けており、継続的に服用する事で体質改善も不可能ではありません。

漢方 体質改善 効果

漢方が体質改善に良い効果をもたらす理由の1つには、人間の健康を司る
「気・血・水」の流れを整えてくれる事にあります。

これらが三位一体で揃うと、体内の内臓の動きがスムーズになり、
自然に基礎代謝もアップします。

それに従い、身体が本来持っている自然治癒力を高める事ができ、
余計な老廃物を体内に溜めこむ事も無くなるので、太りにくく
疲れ知らずの体質になれるのです。
 

漢方は効能が出るのに時間が掛かるとよく言われますが、毎日根気強く飲み続ける
ことによって、体質改善を促す良い気を体内に導入する事は可能です。

ただ漢方は、他の処方薬とは違って飲み方の用法が若干違うので、
注意を払わないといけません。

漢方で効率的に体質改善に良い効果をもたらす為には、
原則として食事の30分前に飲むのが通常です。

食後より空腹時の食前に飲む事で、漢方の主成分が胃で吸収されやすくなり、
各内臓器官にもスムーズに反映してくれます。

漢方薬を処方希望の場合は、今の体質や体調に最も合った種類を選ぶのが絶対なので、
必ず医師や薬剤師にアドバイスを仰いで下さい。
 



スポンサードリンク

コメントを残す