熱中症の予防に乳製品?!運動の後に牛乳を飲むとナゼ効果があるの?

怖い熱中症を予防するためには、水分と塩分の補給が欠かせません。

実際にスポーツドリンクを飲むようにしたり、塩飴などを
持ち歩いている人は多いですね。

確かに、それらは熱中症対策にとても有効ですので、
積極的に活用していきたいところです。

ところで、近年では「ある意外な食品」が熱中症予防に効果があるとして
注目されているのをご存じでしょうか。

その意外な食品とは・・・なんと乳製品、牛乳です。
熱中症 予防 運動 牛乳

何故、熱中症予防に牛乳が有効なのか?
それを説明する前に、まずは熱中症が起きる仕組みを詳しく知っておきましょう。

熱中症の起きる仕組みとは?
汗をかくと血液の量が減り、身体に十分な血液が行き渡らなくなります。

血液の主な役割としては身体に酸素や栄養を届け、不要になった老廃物を
回収することですが、それだけではありません。

血液は身体の中の熱を外側(皮膚に近い場所)まで運ぶことで
その熱を冷ますという、重要な働きも受け持っています。

この働きが鈍ってしまうと、身体に熱が篭もったままになり、
熱中症になってしまうのです。

 

つまり熱中症を予防するためには、もちろん水分補給も必要不可欠なのですが、
そもそもの血液量を増やすこと、そして血液を心臓に戻しやすくしてきちんと
循環させることが大切です。

では、血液を正常に循環させるためには何が必要なのでしょうか。

それは身体の末端から上半身にある心臓まで血液を押し戻す「筋力」です。

そして、その筋力を高める効果がある=熱中症予防に役立つ、という意味で、
乳製品が有効だと注目され始めているのです。

 

熱中症の予防には運動の後に牛乳を飲むだけでいいの?

乳製品が筋力作りに効果的、といっても、牛乳やチーズを摂取しているだけで
筋力が作られるわけでは残念ながらありません。

そうかといって、いきなり激しい運動をする必要もないのですが、
まずは自分にとって「少しキツイかな?」と思う程度の運動から始めてみましょう。

日頃から運動不足を感じている人であれば、ウォーキングでも構いません。
1日30分以上、1週間に4日以上の運動を心掛けてください。

そして運動を終えたら30分以内に、牛乳などの乳製品を摂取します。

10日ほど続けると体温調節機能の上昇、数ヶ月で筋力が上がり、
熱中症にかかりにくい身体になると言われています。

今年の夏は適度な運動と乳製品の摂取で筋力を作りながら
健康的で効果的な熱中症予防を目指しましょう。
 



スポンサードリンク

コメントを残す