父の日のプレゼントでvipな上司に贈るネクタイとメッセージの文例

普段お世話になっている職場のvipな上司の方へ、日頃の感謝を込めて
父の日にプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。
父の日 ネクタイ

相手はあなたにとって大切な上司なのですから、
プレゼントはブランドのネクタイがいいでしょう。

ネクタイは何本もっていても困るものではありませんし、
その日のスーツや気分、目的に合わせて選べる幅が増えて、
大変喜ばれるはずです。



スポンサードリンク

父の日にvipな上司に贈りたいネクタイ

プレゼントする上司の趣味や嗜好に合ったものを贈れば、相手の方に喜んで
いただけるのはもちろんのことですが、それを身に着けることによって、
取引先でいい印象を与えることさえ可能です。

人と会ったときまず見るのは顔、そして首です。
その時に目を引く柄のネクタイをしていたらどうでしょうか?

その柄について話が盛り上がったり、同じ趣味であることを知って
親近感が増したり、また表面上だけではわからない人間性も伝える
ことができます。

それは円満な人間関係を築くための手助けになり、より一層
プレゼントしたネクタイを喜んでくれるはずです。

 
売れ筋の「ネクタイ」をチェックするならコチラ>>
 

そして色々な柄のネクタイの中でも私がおすすめするのは、ストライプや
ドットといった定番の物ではなく、変わった柄のネクタイです。

色々なブランドで扱っているネクタイの柄はイニシャルはもちろん犬や猫、
ラケットやボール、車や他にも一風変わった柄など実に様々な柄があるので
上司に合う柄をチョイスしてみて下さいね。

例えばコチラ↓の「寿司ネクタイ」なんかもとてもユニークです^^

 
「面白ネクタイ」をチェックするならコチラ>>
 
一風変わったユニークなネクタイってけっこうありますね。

一見、普通のネクタイの柄っぽいけど、よ~く見てみると・・・
「アレッ!?これって○○の柄ですか?」って感じのもや、パッと見で
「うわっ!面白い」ってすぐ分かるものまで色々あります。

ここはやはり上司のタイプに合わせてベストなものを選んで下さいね^^



スポンサードリンク

手書きのメッセージカードにはどんな内容を書けばいい?

ネクタイを用意してプレゼント用のラッピングをしてもらったら、
一緒にメッセージカードを添えると良いでしょう。

内容は一言でも構いませんが、メッセージに込められた思いが伝わるのは
やはり直筆です。 自分で選んだカードに自分の手で書き込みましょう。

とはいっても、お相手の方に失礼のないようにと考えると添えるメッセージも
悩ましいものです。あまり堅苦しい言葉では重くなりすぎますし、かといって
フランクすぎても馴れ馴れしいと思われてしまうでしょう。

メッセージの文例を少しあげてみます。

いつも温かいご指導をありがとうございます。
これからも色々とお世話になるとは思いますが、
どうぞよろしくお願いします。
日頃、親切なアドバイスをいただけること、とても感謝しております。
より一層ご期待に応えられるよう、これからも努力してまいりますので
今後も宜しくお願いいたします。

といった、いつもの感謝とこれからのことについて書くといいでしょう。
大切なのは、普段は口に出して言えないような気持ちを素直に込めることです。

ちょっとだけ付け加えるなら、

○○の時にいただいたアドバイス、大変助かりました!
言っていただいた「○○」という言葉、今でもずっと私の心の支えになっております。感謝の気持ちを込めて・・・

 
などと贈りたい相手との、記憶に残っているエピソードを一緒に書き添えると、
さらに喜んでもらえることでしょう。

文面に悩んだ場合は、自分がもらう立場だったらこのメッセージを読んで
嬉しいかどうかよく考えてみるといいでしょう。大切なのは上手い文章を
書くことではなくて、気持ちのこもったメッセージを贈ることだと思います。

あなたの大切な気持ちがちゃんと相手に伝わって
喜んでいただけることを願っています。



スポンサードリンク

コメントを残す