襟汚れを防止するワンポイントテクニック&便利グッズで簡単に対策!

洗っても洗っても汚れてしまう襟元。上手に洗えば落ちるのは
知っていても襟汚れが付かないのが一番ですよね。

それに汚れは落とせてもゴシゴシ洗うと服が傷むこともあるし、積み重なって
段々落ちなくなっていくかもしれないし・・・

そう思えば最初から汚れを防ぐのが一番!

綺麗に洗う方法だけでなく襟汚れを防止する方法を知っておけば、
いつの間にか襟が黄ばんでいて「恥ずかしい!!」なんてことも
防止できちゃいますよ。
 

洗濯のときの一手間で襟汚れを防止しよう

汚れは積み重なってひどくなっていくので、ひどくなる前に
取り除く地道な努力が必要です。

毎回の洗濯前に汚れのケアをする
皮脂汚れは普通の洗濯ではなかなか落ちない物。
目立たなくても着実に汚れはついてきます。

毎回ワイシャツを洗う前にはぬるま湯に浸けて固形石けんを揉み込んだり、
洗剤をつけておいたりしておくと襟汚れが目立つ前に取り除く事が出来ます。

ちょっと一手間ですが習慣になってしまえば、時間も取られずにできますよ♪
 

糊づけする

クリーニングにワイシャツを出すとぱりっと綺麗になって返ってきますよね。

糊付けすることで、ぱりっとさせるだけでなく表面にコーティングができるので
汚れが直接つきにくくなります。

自宅での糊付けのタイミングは柔軟剤と同じくすすぎと脱水の間です。

脱水前にワイシャツだけ取り出したら、洗面器に洗濯糊を溶かした
水を入れて浸けます。馴染ませたら後は同じように脱水するだけ!
襟汚れ防止なので薄めの糊でOKですよ。

といってもこれって結構面倒ですよね。糊付けの過程は簡単ですが、
脱水の前に一度洗濯機を止めて取り出して・・・というのが現代の
全自動洗濯機ではちょっと大変です。

そんな場合はもっと簡単な方法もありますよ~

それはアイロンの時に使えるスプレータイプの糊です。これなら襟汚れ防止の
ためだけに糊付けしたい場合でも部分的に出来るので良いですね。
 

 

襟汚れ防止グッズを活用しちゃおう♪

洗濯はあんまり好きじゃないからもっと手軽にできる方法はないの?!
そんな人は便利グッズを活用しましょう。

これらのグッズを活用することで襟に汚れが付くのを防止できます。

染めQえり・そで口もう汚れない

 
洗濯して乾いた後にスプレーするタイプです。
これはその名の通り汚れが付かないようにするもの。

スプレーしたからといって付いている汚れが落ちるわけじゃないけど、
皮脂汚れが付きにくくなり襟汚れが普通の洗濯だけで綺麗になります。

つまりあの洗濯前のステップをこのスプレーで出来ちゃうんです。
まさに襟汚れ防止のために生まれたグッズ!!
他の【襟汚れ対策グッズ】をチェックするならコチラ>>

またペビーパウダーも汗や皮脂を吸収するので、乾いた後に襟元にかけると
洗濯したときに襟汚れが落ちやすくなります。

ただしあまりつけすぎると着たときに首が粉だらけになっちゃうので
気を付けてくださいね^^;
 

襟汚れガードテープ

 
さらに楽ちんなのがこのガードテープです。
襟に薄いテープを貼って汚れをガードします。

汚れたってテープをはがせば良いんだから・・・なんて楽なんでしょう!

白くて薄いので襟元から見えても気になりません。
これはかなり便利そう!一度使い始めたらやめられなくなりそうですね。
「襟汚れガードテープ」をチェックするならコチラ>>
 

襟汚れの原因を取り除く事も防止策になる!

襟汚れって首の皮脂が原因です。ワイシャツに付かないようにするだけでなく、
汚れの原因のほうにも対策をするのは賢いですよね。

基本的には首を清潔にする、でしょうか?^^;

でも以外と洗うとき首の後ろって見落としがちかもしれませんね。
毎日綺麗に洗って、汗をかいたらこまめに拭きましょう。

またヘアワックスやジェルも付くと黄ばみの原因になります。

おしゃれには欠かせない物ですが、襟元に当たらないように使ったり
ワイシャツの日は使うのを避けたりするといいかもしれません。

地道な努力ですが、こういう汚れには効果的な努力ですよ~
 
どれも面倒~と思う人もいるかもしれませんね^^;

でも汚れがこびりついてしまった後に落とそうとする方がもっと面倒です!
毎日のケアで襟汚れを防止していきましょう^^
 

洗濯