エクオールで女性ホルモンUPの効果!体内で作られるか検査で分かる!

大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを高めてくれる強い味方です!

大豆製品は体にも美容にも良い!という理由で積極的に食べるように
している方も多いのではないでしょうか?

でもそんな大豆イソフラボンの効果を充分に得るのに欠かせない
「エクオール」という成分があるのって知っていましたか?

これがあるかないかで大豆イソフラボンを頑張って摂取している
努力が実るかどうかが決まるんです!

エクオールの効果は侮れません。そうなるとこのエクオールの存在、
見過ごせなくなりましたね。

そんな「エクオール」についてご紹介します!
 

エクオールは大豆イソフラボンよりも女性ホルモンUPに効果的?!

エクオールとは大豆イソフラボンを摂取したときに腸内細菌によって
生産される女性ホルモンと似た働きをする成分です。

大豆イソフラボンと同じように女性ホルモンをUPさせる効果がありますが、
「スーパーイソフラボン」と呼ばれるように大豆イソフラボンよりも
効果が高いんです!

つまり大豆イソフラボンが美容に良いと言われているのは、
このエクオールが生産されるからなんです。

閉経後に女性ホルモンが減少してしまってもなんとこのエクオールが
ちゃんと補ってくれるんです。
 

女性ホルモンの分泌量は年齢と共に減ってしまうのはご存知だと思います。

だからっせっせと食べ物やサプリから大豆イソフラボンを摂取するわけ
なんですが・・・実はイソフラボンの吸収には個人差があるのです!

吸収に差があるなんてどうしてなの?

それは大豆イソフラボンをスーパーイソフラボンと言われる
クオールを作れるか作れないかが個人差の原因になっているのです。

なのでエクオールを体内で生産できず大豆イソフラボンのままだと
効果が薄いということなんですね。
 

このエクオールがあるからこそ

更年期症状の軽減
→ ほてり・のぼせ、不眠、倦怠感、首・肩の凝り
閉経後の骨密度の増加
乳がんのリスクを下げる効果が期待
要介護・死亡リスクの低下
→ 更年期以降のメタボリックシンドロームのリスク低下
白髪予防、育毛効果
便秘解消果
シワの改善

などの女性の美と健康を向上させる効果があるんです♪
 

 

エクオールを体内で生産できているかは検査で分かる?!

そんなスーパーイソフラボン「エクオール」を体内で生産される人は
全体の約半分の50%しかいないんです。

つまり半分の人は大豆製品を摂取しても、エクオールが生産されずに
そのまま吸収されているということ。

はっきり言って、大豆イソフラボンの効果は激減です。

実はコレでも日本人は多い方なんです。
欧米人の場合は20~30%の人しかエクオールを作れません。

そんな慰めを聞いてもちょっとショックですよね~^^;
頑張って大豆製品食べていたのに、もしかしたら効果がなかったってこと?!
 

エクオールをどれくらい生産できるのか知りたい!と思いますよね^^

エクオールを作り出す「エクオール生産菌」があるかどうかは
簡単な尿検査で分かります。

でもわざわざ病院に受診するのはとっても面倒ですよね・・・

実は病院で検査するのと同じくらいの値段で検査キットが
市販されているのでご自宅で気軽に試すことができますよ^^

エクオール検査キット『SOY CHECK(ソイチェック)』

 
キットには尿検査の採尿容器と簡単な問診票が入っていますので
自宅で尿と問診を郵送すれば、1~2週間で結果が届きます。

エクオール検査の注意点
これは尿の中に含まれるエクオールを検査する方法なので、検査前に
大豆製品を食べていないと検出されないので注意が必要です。

逆にエクオールのサプリを飲んでいると、そのサプリの成分が
検出されるので正しい判定が出来なくなってしまいますので
検査前はサプリの摂取を控えましょう。

エクオールを作れる体質であっても、腸内環境の乱れなどで
検出されないこともあります。

検出されなくても諦めずに間隔を空けて再検査してみるといいですよ。
年に1回はチェックしてみるといいかもしれませんね。
「ソイチェック」の最安値をチェックするならコチラ>>
 

エクオールを作りやすい食べ物って?効果があるNo1の料理とは?

エクオールが生産できる人は、その効果を高めるような食事を摂ることで
女性ホルモンUPの効果がさらに期待できます。

まずは腸内環境を整えること。これはエクオール生産菌を持っているのに
上手に生産できていない人にも効果的なので検査で「なし」となった人も
試してみるといいかもしれませんね。

腸内環境改善に良い食べ物

キムチやぬか漬けなどの発酵食品
ごぼう、たまねぎなどの食物繊維

またエクオールUPにとても効果的なのが「ポテトサラダ」です!

じゃがいもに含まれる「レジスタントスターチ」という成分は
大腸までしっかりと届くので善玉菌の良い餌になるんです。

ただのじゃがいも料理ではなく、なぜ「ポテトサラダ」なの?
と疑問に思いますよね。

それは、じゃがいもは加熱した後に、冷やすとことで・・・
「レジスタントスターチ」が増えるからなんです!

じゃがいもを加熱してから冷やす料理と言えば・・・
そう、ポテトサラダなんです^^
 

エクオールを生産できない人はサプリで補おう!

エクオールがほとんど生産されていなかった・・・
という人はどうすればいいのでしょうか?

エクオールを作れない人が食事療法で作れるようになる、
というデータは残念ながら今のところないようなのです。

なので、エクオールを体内で生産できない人は、エクオールを
サプリで補うことができます。

 
ただしサプリは過剰摂取になりやすいので、きちんと用法を守ってくださいね。
「エクオールのサプリ」をチェックするならコチラ>>

 
エクオールの効果について始めて知った方もいてると思います。
女性の美と健康を保つために欠かせないイソフラボンを正しく
摂り入れましょう^^