結婚式の受付はどんな人が適役?選び方と頼み方と謝礼は必要?

結婚式 受付

結婚式の受付をお願いする人の選び方

一般的に結婚式の受付をお願いするのは友人です。
間違っても目上の方にお願いしてはいけません。
学生時代の先輩など、気心が知れている関係であれば構わない場合もあります。
結婚式 受付

相手の都合を考慮して選びましょう

結婚式の受付をお願いするときに考慮しなければいけないのは、相手の事情です。

結婚式のために大切な休日を使って出席してもらえるだけでも
感謝するべきだと思いますが、その上に受付という「お仕事」をお願い
するのですから、相手の負担にならないように配慮することが大切でしょう。

遠方から出席してくれるゲストは、移動等にも時間がかかりますから
避けた方が賢明だと思います。

さらに、小さいお子さんがいる方はお子さんの世話で忙しく、それ以外のことは
手が回らないと思いますので、どうしてもお願いしたい時にはきちんとお伺いを
立てるようにしましょう。

 

結婚式の受付をお願いする時の頼み方

結婚式の受付は、一般的に友達にお願いすることが多いと思います。
仲のいい友達に頼む場合は、招待状を発送する前の段階で口頭で
お願いしてみるといいでしょう。

そのときにもあたかも決まったことのように言うのではなくて、
もしよかったらお願いできると嬉しいのだけれど・・・と、
相手の都合を優先する聞き方をするのがマナーです。

友達2人に頼むことにした場合には、ペアになる人のお名前を伝えて
友達同士で受付をしてもらいたいことを伝えると安心してもらえると思います。

受付を頼まれたときに相手は多少なりとも緊張しているはずです。
自分でいいのかな・・等、経験がない場合には不安なこともあるでしょう。

当日は結婚式場のスタッフによる詳しい説明があるので大丈夫など
できるだけ不安な気持ちを取り除いてあげるようにしましょう。

 

結婚式の受付をお願いしたら謝礼は必要?

結婚式の受付をしてくれた方には基本的には謝礼を渡すのが一般的です。

受付という仕事は、結婚披露宴の顔です。失礼があってはいけませんし、
何よりお金をとりあつかいますから、重い責任が付きまといます。

そのような役目をお願いするのですから、感謝の気持ちを伝えて
謝礼を渡すというのは社会人として当然のマナーと言えるでしょう。

当日は新郎新婦はとても忙しくしていますから、父や母という身近な
信頼できる人にお願いするようにしましょう。

謝礼金額は3,000~5,000円程度が相場ですが、相手との関係性により金額も
多少変わってきますのでこの金額とは一概には言えません。

例えば、学生時代の友達などでお互いの結婚式で受付や余興等を依頼しあう
という仲であれば、謝礼も無しであったり、ランチを奢るから、などの
フランクな取り決めがあるときにはそれに従ってもいいと思います。

謝礼を現金で渡す場合は、感謝の気持ちを一言でもいいのでメッセージを書いて
一緒に添えるようにするといいでしょう。