機内持ち込みが可能な化粧水の容量の制限は?

飛行機の機内では肌水分が不足しがちな環境になるので、自分で積極的に
水分を与えるこまめな保湿ケアが必要になってきます。

普段から乾燥肌の人は肌がカサカサで粉がふいてしまったり、乾燥によるお肌の
油分コントロールが上手く機能されないと、逆に皮脂の浮きが目立ってTゾーンが
テカテカに光ってしまったり・・・と機内での乾燥による肌荒れに悩む女性も多いです。
また、旅先で普段は無縁の吹き出物がブツブツできるという方も結構多いようです。

時差ボケで睡眠サイクルが狂ってしまったり、外国の食文化の違いが原因での
肌トラブルと思いがちですが、機中での乾燥対策が万全ではなかったということも
考えられますので機内では適切な保湿ケアをすることが大切です。
 



スポンサードリンク

 

機内持ち込みの化粧水の容量は?

機内持ち込みが可能な化粧水の容量は各航空会社によっても若干違ってきますが
JALの国際線の場合なら、化粧水などの液体のものは100ml以下の容器でないといけません。

なので、普段から使っている化粧水を機内に持ち込みたい場合は、百均などで売っている
化粧水ボトル100mlなどに移し替えておくようにしましょう。

移し替えるのがいちいち面倒なら、普段お使いの化粧品のお試しミニセットなら
化粧水の他にも美容液やクレンジングなど必要なものが揃うので便利ですよ。

お試しセットなどはだいたい2週間分くらいの量だと思いますので、旅行期間に
丁度いい量であれば利用してみるといいですね。

★楽天市場 『お試しコスメカタログ』★
こちらはスキンケアからボディケア、ヘアケア、メイク、香水までサンプルやミニサイズの
トライアルセットを種類別やブランド名で探せるので便利ですよ♪

また、旅行期間だけ普段とは違う化粧品でも問題ないならトラベルセットや
各化粧品の試供品なら化粧水などが1回分の個包装となっていることが多いので
荷物も減らせて軽くできるのでおすすめです。
スキンケア化粧品 トラベルセット

 

化粧水を入れるジッパー付の透明プラスチック袋のサイズは?

更に化粧水の入った容器はのジッパーの付いた透明プラスチック袋に入れる必要があります。
ビニール袋のサイズは容量1リットル以下で縦横が20cm以下のものと決まっています。

ですが、例えば縦17cm✕横24cmのサイズの袋なら、縦横の和が40cm程度なので
使用することが可能です。

なお、この透明プラスチック(ビニール)袋は一人1つまでしか持ち込みできないので
他の液体の化粧品や歯磨きやヘアケアなどのジェル状のもの、制汗スプレーなどのエアゾルなども一緒に入れる必要があり、きちんとジッパーが閉まるように入れなければいけません。

ジッパー付の透明プラスチック袋は100均などで売られているものでもOKですが
ジップロックなどしっかりした素材のものの方が安心だと思います。

機内持ち込み用のマチ付きのリッターバッグも便利ですよ。
『機内持込リッターバッグ』

化粧品の容器類などを入れたジッパー付の透明プラスチック袋は、検査場で検査されるので
容器の容量やビニール袋のサイズはルールから外れないように準備しましょう。

もし、100ml以上のボトルを使っていた場合や、ジッパー付の透明プラスチック袋に
たくさん詰めすぎた為に、袋がパンパンでジッパーが完全に閉まらない状態でも、
中身を廃棄されてしまいますので注意しましょう。
 



スポンサードリンク

コメントを残す