ちぎりパン基本の作り方とめちゃカワ人気レシピ♪&笑える失敗例!

今話題のちぎりパン。かわいい!作るのが簡単!おいしい!
というのが人気の秘密です。

でもパン作りって難しかったり手間がかかったりって
イメージがありますよね^^;

でもこのちぎりパンは「世界一簡単なパン」って評判がある
くらいなんでパン作りの初心者さんでも挑戦できますよ^^

ちぎってパクっと一口で食べるから、できるだけふわふわで
もっちりした食感の基本のレシピをご紹介します。

基本のちぎりパンをアレンジして可愛い動物にすると可愛さ倍増!

そんな見た目も可愛いちぎりパンに挑戦してみましょう!
 

スポンサードリンク



 

ふわふわ&もっちりの基本のちぎりパンの作り方


ふわっとしていてもっちりした食感なのが特徴のちぎりパン。
小分けにしたパンを型に詰めて焼くことで水分が逃げずに
ふんわりとした仕上がりになります。

型に詰めていても、食べるときには小分けにしたサイズに
簡単にちぎれるので食べやすいんですよ。

基本のレシピはこんな感じです。

ちぎりパンの基本レシピ
【材料】
・強力粉・・・200g
・薄力粉・・・50g
・牛乳・・・160g
・バター・・・20g
・塩・・・4g
・ドライイースト・・・4g

【ちぎりパンの作り方】

①ドライイーストはぬるめに温めた牛乳に入れてふやかしておきます。
 牛乳は熱いとイースト菌が死滅してしまいますので、人肌くらいに。

②ボウルに小麦粉と溶かしたバター、牛乳を入れてよくこねます。

③布巾を掛けて乾燥しないようにしたら1時間以上発酵させます。

④生地を8等分して丸めてから型に詰める。
 この分量だと18cmの角形がちょうど良いですよ。

⑤型に詰めたら2次発酵させる。

⑥180℃のオーブンで20分くらい焼いたら完成です!

パンをふんわりさせるコツはよくこねることです!
20分くらい描けてこねて滑らかにさせましょう。
 

ちぎりパンを可愛くアレンジしよう!

このままでも丸っこくて可愛いちぎりパンですが、もう一工夫で
さらに可愛く♪可愛いちぎりパンのアレンジ集をご紹介します!

「うさまる」のちぎりパン


顔を付けるだけでこんなにも可愛く!たくさんの可愛いうさまるが
並んでいるから可愛さも増しますね^^
見ているだけでキュンキュンしますよね~♪
 

「リラックマ」のちぎりパン


同じく顔を付けてアレンジするとキャラクターも出来ちゃいます。

これ、ところどころにコリラックマやキイロイトリを混ぜると
絶対かわいいですよね!

子供達で取り合いになっちゃいそうです^^;
 

「まっくろくろすけ」のちぎりパン


「まっくろくろすけ」は数があるからこそできる
ちぎりパンならではです。

真っ黒のパンなんて単品だとアレですが・・・
目を付ければ一気に可愛いキャラパンに!

真っ黒いパンの中から出てくるホワイトチョコがGood!
ココア味のパンに良く合うと思います^^

中に入れるチョコはストロベリークリームにしてもいいですね♪
 

「ツムツム風アリス」のちぎりパン


ツムツムってちぎりパンで作りやすいキャラですね。

そしてリング型の型にするのがポイントです。そうしないと
うさぎやシャム猫の耳がちょっと付けにくいかも^^;

リング状にするなら、トナカイやサンタさんの顔にして
クリスマスのリースパンにしてもいいですね^^
 

「ツムツム風プーさんタワー」のちぎりパン


こちらはちぎりパンを積み上げてタワーにしちゃっています。
プーさんがむぎゅっといっぱいいる感じがまた可愛いですね♪

でも持って行くのはけっこう大変そう^^;

お家に招くホームパーティ向きですね。お呼ばれした時に
持っていくなら、着いてから組み立てるといいですね。

うーん、どれもかわいくて挑戦してみたくなります。

こんな可愛いちぎりパンを作ったら、やっぱりプレゼントしたく
なっちゃいますよね^^

プレゼントする時は透明のビニール袋に入れて、リボンをかければ
見た目もより可愛くなりますね♪
 

簡単なちぎりパンでも失敗するとこうなる!

もちろんどんなに簡単なものでも失敗することはありえます。
ちぎりパンの失敗は全部くっついてしまうこと。

ちぎりパンの色々な失敗例を簡単にまとめている動画を
見つけたのでこちらで紹介しますね。

また、動画の後半では<番外編>として
「こんなキャラ弁は嫌だ」のコーナーがありますが
これもちょっと笑えますよ^^;

簡単なちぎりパンでも失敗するとこうなっちゃいます・・・

ちぎりパンの失敗例


可愛いはずのちぎりパンが・・・こうなっちゃうんです^^;

アララ~・・・失敗しちゃうと悲惨ですね・・・
顔があるからこそ失敗が際立っちゃうと言うか・・・

こんなエイリアンみたいなパンを子供が見たら
泣いてしまうかもしれませんね^^;

ちぎりパンの失敗する原因&失敗しないコツ

このように失敗する原因は何なのでしょうか?

一番の原因はパンの膨らみすぎです。考えられる原因は
いくつかあります。

膨らみ過ぎる原因①「粉の分量が多すぎる」
膨らみ過ぎる原因②「水分が多い」
膨らみ過ぎる原因③「イーストが多い」

要は定められている分量より多く使ってしまうと、膨らみ過ぎて
しまうんです。きっちりと正確に分量を守って作りましょう。

また膨らみすぎではなく、型に詰め過ぎっていう場合もあります。

生地が余っちゃうから~といって、ぎゅうぎゅうに詰めると
膨らんで焼き上がったときにくっついてしまいます。

そうなるとせっかくのちぎりパンが台無しですよね。
生地と生地の間隔はある程度余裕を持っていれましょう。

これで失敗する原因が分かったので、後はこれらの点に気を付ければ
ちぎりパンは簡単にできちゃいますよ。
 

食卓に並べれば一気に主役になれるちぎりパン。
おもてなしランチでパーティの主役になること間違い無しです♪

動画を参考にして可愛いちぎりパンのアイデアを考えて、
ちぎりパン作りに挑戦してみて下さいね^^
 

スポンサードリンク



コメントを残す