2016年ボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?なぜ解禁日があるの?

秋になるとよく話題になるのが「ボジョレーヌーボー」ですね。

“ ボジョレーヌーボー予約受付中! ”
“ ボジョレーヌーボー解禁!! ”

う~ん、楽しみですね♪

今年2016年の解禁日っていつなのでしょうか?

でもそもそもどうして解禁日が決められているのか?
販売する期間はいつまでとか決まっているのかな?

ボジョレーヌーボーって有名だけど意外と知らない・・・?!

いまさら聞けないボジョレーヌーボーの基本情報についてみてみましょう!
 

2016年のボジョレーヌーボー解禁日はいつ?

ボジョレーヌーボーの解禁っていつなのでしょうか?

これは毎年11月の第3木曜日の午前0時からと決められています。
最初はボジョレーヌーボーの解禁は11月11日だったとか。

でも日にちを固定していると、その日が日曜日になることがありますよね。
国や地域によって日曜日はワインセラーが休みになってしまします。

せっかく解禁としてもお店が開いていない!
なんてことを避けるために11月の第3木曜日としたのです。

2016年の第3木曜日は11月17日です。
この日が始まると同時にボジョレーヌーボーが買えるようになりますよ!

ちなみにフランスに合わせた11月17日ではなく、日本での11月17日なので
日本は他の国より一足先に楽しめますね!

いち早くボジョレーヌーボーを楽しみたいなら、コンビニだと
午前0時にワインを購入できますよ^^
 



スポンサードリンク

 

ボジョレーヌーボーに解禁日がある理由って?どんな意味があるの?

一年中楽しむことができるはずのワインのはずなのに・・・
なぜボジョレーヌーボーには解禁日が決まっているのでしょうか?

わざわざもったいぶって解禁日を決めるにはちゃんと意味があるのです。

これはボジョレーヌーボーがどういうものかに関係しています。

これはその年取れた初めてのぶどうで作ったワインのことを指しています。
いち早くワインにすることによって、その年のぶどうの出来を
はかることができるのです。

このボジョレーヌーボーが販売されるようになった当時、
解禁日なんてありませんでした。

しかしこのワインがよく売れるのでメーカーが競争をするように!

メーカーも売れるワインであれば早く売り出したいですよね。
そのため8月に採れたぶどうがまだワインとして熟成されていないうちに
出荷してしまうことが発生!

そうなるとボジョレーヌーボーの味の信用が落ちてしまいます。
そのためフランス政府が「解禁日」を設定したのです。

解禁日があればあまり早く作ってもどうせ売ることができないので、
熟成途中で瓶詰めしてしまうこともないですよね。

・・・というのが、解禁日ができた由来ですが、この解禁日が
ボジョレーヌーボーの人気を高めているのです。

やっぱり「解禁」とか「限定」ってあると、「手にしておこうかな」
と興味をそそられますよね。

また人間はどうしても禁止されているものに惹かれてしまいます。
例えば「絶対押すな」と書かれているボタンって・・・
押したくなりませんか??^^;

11月第3木曜日まで手に入らない!
そしてついに解禁!!

となることで多くの人が欲しくなってしまうのですね。
 

ボジョレーヌーボーに販売期間はある?いつまで買えるの?

11月第3木曜日に解禁したボジョレーヌーボー。
これっていつまで買うことができるのでしょうか?

簡単にいうとボジョレーヌーボーは、解禁日は決まっていますが、
販売期間はきちんと決まっているわけではありません。

先ほど述べたとおりボジョレーヌーボーというのは、その年に採れた
ブドウで作ったワインです。その初物の味を味わうための新酒です。

日本酒でも新酒・生酒といったら新しいうちに飲みますよね。

ボジョレーヌーボーもそのフレッシュさを味わうものなので、
解禁されたらすぐに飲むものなのです。

それにボジョレーヌーボーというのは熟成させるワインではないので
あまりに月日が経っているとボジョレーヌーボーの良さはなくなって
味が落ちているでしょう。

そのためいつまでしか販売できないという決まりはありませんが、
大抵の店がある程度の期間が経ったら安売りしたり、店頭から下げて
ボジョレーヌーボーを売らなくなります。

新酒としての価値が下がってしまうからですね。
だいたい年内までは市場に多く出回っています。
 

ボジョレーヌーボーの解禁のヒミツはこんなことだったんですね。

“ その年のぶどうの出来を楽しむ ”
というボジョレーヌーボーを飲む目的ができるうちに飲んでくださいね。
 



スポンサードリンク

コメントを残す